ERP事例

ERP事例のダウンロードをご希望の方は以下のボタンより、お申し込みをお願いいたします。

資料ダウンロードお申し込み

・お申し込み後こちらのページからログインください。
・ログイン後、資料名の横に【DOWNLOAD】ボタンが表れますので、必要な資料をダウンロードしてください。
※本サイトで提供する事例集は法人や団体に所属している方のみ利用ができます。個人でのご利用はご遠慮ください。
※申し込み完了から1週間程度で資料ダウンロードの有効期間がリセットされます。予めご了承ください。

「GRANDIT」の事例一覧

丸紅グループ【総合商社】

丸紅グループの採用事例については以下の関連記事が公開されています。興味がございましたら是非ご覧ください。


株式会社エヌジーシー様【商社(IT)】(ページ数6)

全社的な生産性の向上を目指し 基幹システム「GRANDIT」をパブリッククラウドに移行。 将来のワークスタイル変革の可能性を切り開く

複数のシステムが重層的に稼働していた社内 IT インフラの改善に取り組み、社内サーバー上の基幹業務システム(ERP)「GRANDIT」のカスタマイズと Microsoft Azure(以下、Azure)上への移行を一括で行いました。結果として、社長の掲げた「生産性の向上」に貢献し、将来のワークスタイルの変革に向けた可能性を切り開きました。


JSRトレーディング株式会社様【商社(化学品)】(ページ数5)

グローバルな事業展開を見据えGRANDIT Ver2.1を導入、SAPとの連携も実現 

JSR トレーディング株式会社様は、GRANDIT Ver1.3.2 を 2005 年 12 月に導入して頂いていましたが、海外販売部門は別システムによって管理されていたため、基幹システムとの連携にタイムラグが発生していました。また、JSR グループ様全体が SAP による会計システムを採用することとなり、その会計システムとの連携も必要となりました。この課題解決に向けて、JSR トレーディング様は 7 社の製品を比較検討のうえ、総合的なご判断で「GRANDIT Ver2.1」をご採用。課題を解決するとともに将来的な海外展開への対応、さらなる GRANDIT のバージョンアップにもご期待頂いています。


パーカーエンジニアリング株式会社様 【製造業】(ページ数5)

事業統合効果の最大化をめざして導入されたGRANDIT。

あらゆる耐久消費財の表面処理を行う処理設備や塗装設備のトータルエンジニアリングを手掛けるパーカーエンジニアリング。自動車工場向けのような大規模なプラント設備を担うエンジニアリング事業と小型製品向けの塗装設備を扱うグループ会社との事業統合に伴い、基幹業務システム統合を実施。2 つの会社の統合効果を最大化するために、業務の効率化と業務改革を推進する ERP ソリューションとして採用されたのが「GRANDIT」である。


株式会社マツオカコーポレーション様 【製造業(アパレル)】(ページ数9)

SCMシステムと経理システムを統合し、生産効率の向上と経営情報の「可視化」を実現。

マツオカコーポレーション様では急速にビジネスが拡大していく中で純国産 ERP パッケージ「GRANDIT」を導入し、基幹システムを刷新。SCM システムと経理システムを統合し、生産効率の向上と経営管理情報の「見える
化」を実現しました。


極東貿易株式会社様【商社(機械)】(ページ数7)

汎用機からのリプレイスによりデータを統合。 業務効率向上と貿易機能強化を実現!

極東貿易株式会社様では約 20 年間使用してきた汎用機によるシステムが稼働していました。既存システムではデータが統合化されず分散されたシステムによる課題が存在し、これらを解決して経営、営業力の強化、業務の効率化、さらに内部統制対応など法制度への対応も求められていました。GRANDIT をご採用いただき、開発基盤とすることで、以上の課題に対応し、さらにアドオンの開発により貿易機能の強化を実現しました。


クラウン貿易株式会社様【商社(食料品、酒類)】(ページ数3)

商社マスタにより、ノンカスタマイズで「GRANDIT」導入を実現

クラウン貿易株式会社様の既存システムは販売管理を中心にオフコンで構築されたものでした。システムの老朽化に伴い ERP の導入を検討するにあたっては、商社業務に精通した日商エレクトロニクスの技術者のノウハウ、「GRANDIT」が外貨を取り扱える点を高くご評価いただき、営業戦略立案に繋がる基幹システムの導入をカスタマイズ無しで実現しました。


森六グループ様【商社(化学品・製造販売)】(ページ数6)

商社業務に適合するERPと商社テンプレート(マスタ集)を活用し、 低コスト・短期導入を実現

森六グループ様の旧システムはスクラッチで開発されたものでした。システムの老朽化とともに相次ぐ機能の追加・変更に伴い複雑化、肥大化が進み、その保守・運用に多くの人的リソースを必要としていました。また、持ち株会社制への移行、法制度の変更という環境の変化への対応を行うためにも、戦略的な販売・会計システムの導入を検討することとなりました。1 年以上をかけてスクラッチを含む幅広いシステム導入の調査、比較・検討を行い、環境の変化に柔軟に対応すべくパッケージ製品を選択。数あるパッケージ製品の中でも「GRANDIT」の日本の商習慣を熟知した販売管理モジュール、日商エレクトロニクスの商社向けマスタ集による短期導入開発・導入実績をご評価いただきました。また、導入後は社内に専任の問い合わせ窓口を設置、弊社の保守チームと文書の共有とノウハウの蓄積を行っています。


日商エレクトロニクス株式会社【IT商社】(ページ数6)

BPRによる業務効率化とTCO削減を狙いに 基幹システムにERP「GRANDIT」を採用。 サブスクリプションや保守契約管理に適合したCRM系システムを独自開発し サービス品質を向上

ICT ソリューションやネットワークソリューション、それらに関連する ICT 機器の輸入販売やサポートなどを手がける日商エレクトロニクス。2009 年 7 月にそれまで使用してきた ERP を、純国産 ERP「GRANDIT」に移行しました。日本の商習慣への対応に加えて、事業拡大や制度変更に合わせてカスタマイズを繰り返したことで、ランニングコストの肥大化を招いていたことがその理由。それに合わせて顧客サービス系システムは、ERP とのスムーズな連携と自社ビジネスへの対応を図るためスクラッチ開発を行っています。その開発を含め、現在ではシステム全体の保守サポートを担っているのが日商エレクトロニクスです。


某IT会社【IT企業】(ページ数9)

既存のデータ資産を活かした、低コストERPの導入を実現し、プロジェクト収支管理の強化と経営分析を強化

同社は IT 業界に於ける老舗として国内の中堅企業向けのスマートデバイスや Webを活用したシステム構築と運用を中心に展開している会社です。順調に業績を拡大する中、案件規模も拡大し、個別のプロジェクトの収支が会社の業績に影響を与えるようになり、プロジェクト収支管理と経営分析、そしてワークフローの効率化を目的にGRANDIT をベースにした IT 会社向けの ERP ソリューションを採用されました


Windows Server 2008クラウド移行某商社ERP事例(ページ数6)

15年前に導入した某社ERPシステムはWindows Server 2008、SQL Server2008上で構築。当時導入したシステムは一部自社の業務とあわない部分があり、大幅なカスタマイズを実施。それにより、サーバーOSとデータベースのバージョンアップを行うためには多額な予算が発生してしまうため、なかなか最新バージョンに移行することができなかった。一方、Windows Server 2008のサポート終了が2020年1月14日、SQLSERVER2008のサポート終了が2019年7月9日に迫っていたため、早急にOSとDBをバージョンアップする必要があった。


 Windows Server 2008クラウド移行某商社ERP事例(ページ数6)

Microsoft Azureへの移行を行い、Windows Server 2008の保守の更に3年延長することを決断。自社の業務運用に近いGRANDIT商社パッケージを採用し、最低限のカスタマイズで導入し、保守負担の軽減を図ることを決断。

フルスクラッチで構築した前システムは Windows Server 2008 で動作しており、2020 年 1 月 14 日に Windows Server 2008 の保守が終了するため、Microsoft Azure への移行を行い、WindowsServer 2008 の保守の更に 3 年延長することを決められました。また、前システムはフルスクラッチで開発されており、アーキテクチャーと設計思想の老朽化に伴い、保守の費用と作業負担が増加していました。そこで、同社は自社の業務運用に近い GRANDIT 商社パッケージを採用し、最低限のカスタマイズで導入し、保守負担の軽減を図ることを決断されました。


某IT会社Windows Server2008リプレイスERP事例(ページ数7)

Microsoft Azureに移行することで、Windows Server 2008とSQL Server 2008の保守を無料で3年間延長することができ、余裕を持った移行スケジュールを実現

同社は 10 年前に導入した某社 ERP ソフトを Windows Server 2008SQL Server2008上で構築していた。当時は IT 業界特有の工数管理やプロジェクト管理の部分を中心にカスタマイズをしていました。導入から 10 年がたち、ERP のバージョンアップがあまり行われなくなり、バージョンアップのたびにカスタマイズ部分の改修費がかさんでしまい、大きなコスト負担になっていました。しかしながら、再度構築する手間を考えると、どうしてもプロジェクトの優先順位が下がってしまい、結局、Windows Server2008SQL Server2008 のサポート終了まで 2 年となってしまいました。そのような時にたまたまイベント会場で見つけたのが GRANDIT だったそうです。GRANDIT ブースで IT 会社向けの GRANDIT テンプレートを日商エレクトロニクスが紹介していたので、興味を持ち、ハンズオンセミナーに申し込み、機能を確認されたそうです。GRANDIT はコンソーシアム型で健全に運営されており、全システムのように保守が滞る心配も少なく、日商エレクトロニクスの IT 会社テンプレートを活用することで低コストで採用できるのではないかなり、本格的な導入を検討し始めたそうです。導入に当たっては、課題だったプロジェクト収支管理の強化も図ったそうです。


本事例集に掲載されている個人情報を含む全ての情報は弊社が提供するソリューションの採用検討及びその情報収集に用途を限定しています。それ以外の用途で使用することを禁止しています。

※毎週木曜日の夜に資料ダウンロードの有効期間がリセットされます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

リストにない資料でもお問い合わせいただけましたらご提供できる場合もございます。
お気軽に以下からお申し付け下さい。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。