ERP+RPA/AIで実現するRPAサービスの進化

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第20回:ERP+RPA/AIで実現するRPAサービスの進化 を公開しました。

□はじめに

 最近注目されている最新テクノロジーのひとつに、AI(人工知能)があります。しかし、AIは“バズワード”として扱われるケースも多く、その機能や内容が誤解されていることも多いようです。AIを使いこなすポイントは、「良いデータを収集するのが必要不可欠」なのですが、ゴミのようなデータを大量に集めてAIに読ませてもAIがなんとかしてくれるという誤解です。このコラムでは、ERP+RPAというキーワードを軸にERPの新しい活用シーンについてご紹介してきましたが、今回は前回の流れを引き継いで、ERP+RPAによるお客様サービス強化というテーマでお話いたします。ではなぜ冒頭でAIの話が出てくるのか分からない!?という方も多いと思いますが、その理由は「RPAは現在進行形で進化していて、AIとRPAが次第に融合していく」という意味です。そんなの未来の話じゃないの!?と思うかもしれませんが、外資系ITベンダのSAPやOracleは既にERPにAIとRPAを組み込んだ製品を発表しているだけでなく、既に導入事例としてPoC事例を紹介しています。この「ERP+RPA/AI」のことを、オラクル社では“Pervasive AI(パーベイシブAI)”、SAP社では“Intelligent Enterprise(インテリジェントエンタープライズ)”という言葉を使っています。こうしたソリューションが登場したのは、ここ2,3年です。日本ではまだあまり馴染みがない領域ですが、ERPは日本でも既に幅広く導入されているため、ここに蓄積されたデータをRPA/AIで活用すればさらに便利になるというソリューションです。今回は、「ERP+RPA/AI」という切り口でその内容をご紹介いたします。

■ERP+RPA/AIというソリューションで何が出来るのか

 「ERP+RPA/AI」の事例は、実は既に国内企業でも事例紹介されています。

 昨年、日商エレクトロニクス社がセミナーなどで紹介した総合商社の双日様で、調達処理をERP(SAP)とRPA(Blue Prism)を連携した自動処理ソリューションの構築で紹介されています。これは、複数の仕入先から届く納品書(受入検収の情報)の文書類をスキャンして電子ファイル(PDF)に変えて、ここからOCR(光学文字認識:手書きや印刷された文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術)で読み取って、ERPの中にある発注情報と紐づけて支払処理を自動かするという仕組みです。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次