丸紅グループGRANDIT導入プロジェクトの今後と、ビジネスパートナーとの協業

こんにちは、日商エレクトロニクス 祝です。

すでにご覧になられた方が多いとは思いますが、弊社は11月9日に丸紅グループへGRANDITを導入するというプレスリリースを行いました。

このプロジェクトは約3年の検討期間を経て決定したもので、私はこの案件において営業担当者として、プロジェクトが開始されるまでの間、お客様へのご提案や契約内容の交渉を行ってきました。

そこで今回はこのプロジェクトについてお話ししたいと思います。

目次

GRANDIT史上最高の注目度を集めた丸紅グループへの導入

丸紅株式会社様(以下、丸紅)がSAPからGRANDITにリプレイスし、2027年末までに10営業本部と関連会社21事業者に導入を決めたというこのプレスリリースは、メディアへの掲載数が約80メディアにも及び、その中でもIT Leadersでは2位を獲得しています。

さらに、プレスリリース発表後に開催されたGRANDIT DAYS LIVE 2021の3日目の基調講演には丸紅の情報企画部 部長代理 寺井氏にご登壇いただきました。この講演は事前登録者数が300名超、実聴講者数は100名超というGRANDIT DAYS2021内のセッションにて最多の登録者数と聴講者数となりました。

登録された方、聴講された方は業界問わず、とても幅広い層のお客様に聴講いただいており、業界問わず、このプロジェクトに対する注目度の高さがわかるものとなりました。

これらの結果はこれまでSAPユーザーの代表的な存在であった丸紅がGRANDITへのリプレイスに舵を切ったということで、2027年問題を抱える多くのSAPユーザーから注目を浴びた結果であると分析しています。

実際、営業の現場でも感じることが多く、プレスリリースをご覧になったお客様から「見たよ」というお声がけや、丸紅と同等規模の大規模ユーザーや商社系企業などからもお問い合わせをいただくなど、その反響を肌で感じています。

今後の展開

プレスリリースやGRANDIT DAYSの講演でも話があったように今後、2027年までに段階を追ってグループへの導入が進められていくことになります

このプロジェクトは、丸紅のIT子会社である丸紅ITソリューションズ株式会社様(以下、MISOL)を含めた3社で進めていく予定となっており、現在は保守および今後の展開フォーメーションを構築しています。

過去のシステム変遷や経緯、保守内容などはどうしても把握しきれない部分が出てくることがあります。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次