ERP再生がデジタルイノベーション成功の鍵

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第15回「ERP再生がデジタルイノベーション成功の鍵」を公開しました。

□はじめに

日本の強みは、現場の熟練者によって磨き上げられた技術と経験の蓄積による“高品質なものづくり”や“おもてなしのサービス”にあると言います。日本が目指すべきデジタルイノベーションとは、熟練者“匠”のなかにあるこの技術や経験というアナログの暗黙知を、センサーやカメラなどで得たデジタル化データや新しい技術を使って形式知に変えて新しい価値を生み出すことです。つまり、新しい価値を生むのは、デジタル化されたデータとこれを活用したサービス(ソフトウェア)です。そして、このサービスを顧客やビジネスパートナーへ提供するためには、契約や取引の機能が必要です。新しい価値を提供するサービスに、契約管理や取引処理など機能を提供するのはERPシステム(基幹システム)となります。これまで、デジタル化についての説明(#13)デジタルイノベーションの実現とそのシステム構成(#14)について紹介してきましたが、今回はそのまとめとしてERPシステムがその成功を左右する役割であることをご説明します。

■レガシーERPと次世代ERPの違い

日本市場にERPが登場したのは1990年台後半ですが、その後10年間でERPを導入したのは製造業や大企業でした。実際に幅広い産業や中堅中小規模の企業でERPが普及したのは、2000年台半ば頃に国産ERPや外資系ERPの日本化が整った頃です。つまり、日本にERPが定着してからようやく10~15年間経過したと言えます。この10年以上の進化と環境の変化が、レガシーERPと次世代ERPの違いとなります。(図表1)

出来るだけ分かりやすく説明するために、ERPをカーナビに例えて説明したいと思います。10年前に企業が導入したERPの大半は、会計を中心とした仕組みです。それまでの企業システムは、部門ごとにバラバラで会社全体の財務情報はバラバラのシステムを寄せ集めて集計したものでした。部門ごとに不整合があり、集計するのに手間と時間が掛かりました。この問題を解決したのがERPの“管理会計”です。ERPの“管理会計”が、経営者に必要な業績情報を素早くレポートしてくれました。レガシーERPをカーナビに例えると、エリアごとにバラバラだった手書きの地図を1つフォーマットで統一して、現在位置と目的地を入力すれば、直ちに最短ルートを表示してくれる機能です。カーナビが無かった頃は、紙や本の地図を見ながらしばしば道に迷っていましたから、現在位置が表示されて進む先を分かりやすくガイドしてくれるカーナビは大変便利でした。これを実現したのが、「統合マスタ」「統合データベース」「データ自動収集」この3つの機能です。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次