デジタル化はERPにどのような影響をあたえるのか

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第13回「デジタル化はERPにどのような影響をあたえるのか」を公開しました。

□はじめに

最近デジタル化という言葉を耳にする機会が増えていますが、このデジタル化への取り組みについてビジネスの視点とERPとの関係について3回にわたってお話したいと思います。デジタルを語る前にその反対語はアナログですが、ここで言うアナログとは“ヒト”または“ヒトによる作業対応(手作業:マニュアルオペレーション)”を意味しています。ヒトによる作業やその作業によるアウトプット(レポートや報告書など)が、自動的にデータ化されることをデジタル化と考えてください。ビジネスのあらゆる情報が自動的にデータ化され、この大量データを集めて分析することで新しいサービスや価値を生み出すことが“デジタルイノベーション”です。これまで企業が取り組んできたシステム化と違うのは、システム化の目的が効率化やコスト削減といった内向き(守りのIT)であったのに対して、“デジタルイノベーション”は、デジタル化によって新しいサービスや価値を生み出されます。顧客満足度向上や新しい顧客獲得といった外向き(攻めのIT)です。システムの役割が、業務を支援するものからビジネスを牽引する中心への変わる取り組みに期待して“デジタルイノベーション”と呼ばれていのだと考えた方が良いでしょう。

■日本のデジタル化は欧米に比べて“圧倒的”に遅れている!?


日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が最近公開した「デジタル化の取り組みに関する調査」2017年度調査結果によると、欧米と比較した日本企業の取組み状況は、「圧倒的に遅れている」と答えた企業が45.5%(前年調査では39.4%)、欧米より「進んでいる」と答えた企業が0.6%(前年調査では0.0%)という結果でした。(図表1)デジタル化の遅れによるビジネスへの影響や、デジタル化を武器とする新たな競合の出現に対する危機感が広がっています。また、デジタル化を進めることによるメリットとしては、「新しい事業、ビジネスモデルの創出」、「顧客への価値提供」をあげる回答が多くデジタル化の効果指標は従来の「財務指標」ではなく「顧客満足度の向上」へ変化していることが分かります。
(参考情報:JUASより、http://www.juas.or.jp/cms/media/2018/05/Digital_17_ppt.pdf

最近のデジタル化への取り組みについては、既にご存知だという方も多く、何を今更と思われる方も居ると思います。この調査結果のポイントは、「デジタル化を阻む障壁」に“法的規制”、“商習慣”、“レガシーシステム”があげられていることです。筆者が注目したのは、“レガシーシステム”という言葉です。この調査の実に7割が「レガシーシステムがデジタル化への足かせ」だと感じているそうです。その理由は以下の3つです。
(1位)ドキュメントが整備されていないため調査に時間が要する
(2位)レガシーシステムとのデータ連携が困難
(3位)影響が多岐にわたるため試験に時間を要する

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次