次世代ERPに求められる構成とERPを補完する最新ソリューション

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第三回「次世代ERPに求められる構成とERPを補完する最新ソリューション」が公開されました。

はじめに

前回はレガシー化してしまった旧型ERPの問題点について整理しました。
①会計メインのERPでは複雑化する企業グループのガバナンスを管理しきれないこと、②激変するビジネス環境で柔軟性と拡張性に乏しいERPは足枷になること、③IoT時代となりSoRとSoEの両方に対応できないERPは成長戦略を支えられないことの3つがその問題点です。

さて今回は、次世代ERPに求められる構成とERPを補完するツールについてご紹介したいと思います。

次世代ERPに求められるニーズを洗い出す、2階層ERPという考え方

次世代ERPのニーズを見極めるまえに、これからのビジネス環境や事業活動の変化について10年先を想定したいと思います。
というのも、ERPなど基幹システムを再構築するときに経営企画部門が起案する場合と、情報システム部門が起案する場合では大きな違いが出るためです。
その違いとは、経営企画部門は未来を想定した仕組みの実現を目指すのに対して、情報システム部門は現在・過去に重点の置いた仕組みにこだわるためです。
どちらの視点も大切ですが、企業は成長しなければならないので未来を想定する方が重要だと言えます。
しかし、情報システム部門は中長期計画を策定するわけでもなく、中計(中期事業計画に対応したIT投資の中計)も持たない企業も多く、情報システム部門が主導する基幹システムの再構築は保守的な内容になりがちだからです。

業界によって多少違うかもしれませんが、今後のビジネス環境はさらに激変すると予想されます。
企業は国内海外で複数の業界・市場へ素早く展開するため機動力と俊敏性が求められます。1社で全てを網羅するやり方では先行企業の後塵を拝することになるため、今後は目的を共有できるパートナー企業とアライアンスを組むやり方が主流となるでしょう(これを欧米ではエコシステムと呼びます)。
ドイツが主導するインダストリー4.0や米国GE社がすすめる産業向けIoT(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム:IIC)では、こうしたアライアンスによるエコシステム(産官学などによる協力体制)が市場を牽引しつつあります。
つまりこれからの企業は業界や市場ごとに企業アライアンスを組んで事業活動を行う事業会社(子会社、関連会社)と、これを束ねる親会社の2階層が主流になっていくと考えられます。
既に基幹システムにおいても、2階層ERPを導入する企業グループが多く見られます。
その考え方を過去の戦争に例えると、これまでは戦艦を中心とした連合艦隊同士による決戦型思想であったのに対して、これからは戦闘機と航空母艦を組合せた機動力でピンポイントに目的を達成する戦略・戦術的思想へルール変更するようなものです。
圧倒的に後者の方が、コストも効率も高く柔軟性があります。話を戻すと、次世代ERPは、2階層ERPとなり事業用ERPは目的や用途ごとに見合った業種特化型ERPやクラウドERPなどを適材適所で使い分ける方が合理的です。親会社用ERPは、コアERPとしてグローバル対応した信頼性と安定性の高いERPを踏襲するでしょう。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次