次世代ERPのニーズを洗い出すと5つの要件が見えてくる

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第四回「次世代ERPのニーズを洗い出すと5つの要件が見えてくる」が公開されました。

はじめに

前回は、ERPを最大限活用する手段としてコアERPと事業用ERPを組合せて導入する「2階層ERP」という考え方で安定性と俊敏性を両立するやり方を説明しました。
また、ERPを補完するツールとしてRPA(ロボティクス・プロセス・アートメーション)をご紹介しました。
今回は、ERP導入を検討している企業のニーズを整理してみます。

なぜいまERPに取り組む企業が多いのか、破壊的イノベーションの到来

最近ERPシステムを再構築する企業が増えています。その理由として、デフレ経済から抜け出して企業業績が回復傾向にあること、国内市場が成熟したため海外展開が今後の成長戦略に必要であること、IoTやビッグデータ、AI/ロボットなど新しいテクノロジーに対する取り組みが競争力向上に不可欠となっていることなどです。
こうした理由から、事業戦略の見直しを迫られているのがその背景にあります。
今回は、こうした企業のERP再構築ニーズを少し掘り下げてみたいと思います。

自動車や機械など製造業では、業績が回復するとともに、ターゲット市場が国内から海外へと移っています。成熟する国内市場は、今後成長を見込むことが難しいのです。海外市場へ展開するために、ERPは適確に状況を把握して判断するための有効なツールとなります。
また、商社や卸売など流通業では、物流技術と通信技術が発展したことで商品の仕入先であるメーカーがユーザー企業と直接取引を行い、ユーザー企業が原材料や製品をもっと安く調達したいという理由でネットから価格情報を入手するようになり流通業の付加価値が下がりつつあります。商社・卸売の売上利益率は低下傾向に歯止めが掛からず、人件費の高騰や物流コストの上昇などがこれに追い打ちを掛けています。製造業も流通業も、市場構造が大きく変化していることがわかります。

さらに、モノを所有するのではなく必要なときだけ利用するビジネスモデルが登場して急激に成長しています。システム業界では、サーバとソフトウェアを自前で買い揃えるやり方(オンプレミス)から、必要なときだけ契約して利用するやり方(クラウド)が一般的になっています。自動車業界でも、車両を所有せずに配車と決済だけでタクシーサービスを実現してしまうUber(ウーバー)などや、ホテルに変わって自宅や寮などを民泊として簡単に貸し出す宿泊サービスを提供するAirBnB(エアビーアンドビー)などシェアリングエコノミーと呼ばれる新しいビジネスモデルが従来の産業構造を破壊しつつあります。(破壊的イノベーション)

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次