次世代ERPを支えるIT基盤、マルチプラットフォーム戦略について

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第五回「次世代ERPを支えるIT基盤、マルチプラットフォーム戦略について」を公開しました。

はじめに

IoTや人工知能(AI)など新しい技術やこれを使ったビジネスに注目が集まっています。いずれも膨大なデータを取扱うため、ビッグデータやクラウドなどと組み合わせて利用されます。従来のERPはオンプレミス型でしたが、今後はクラウドSaaS型のERPなどを用途に合わせて使い分けることになります。
今回は、次世代ERPを支えるIT基盤(プラットフォーム)についてご説明いたします。

基幹系システムとIoTやAIなどシステムを乗せるプラットフォームの違いとは

基幹系システムは、これまで社内やデータセンタなど社内で運用することが常識でした。しかし、外資系ベンダがERPのインフラをAWSやマイクロソフトAzureなどパブリッククラウドに置くことを推奨。その結果、丸紅やHOYA、AGC旭硝子など、国内でも100社以上の企業がERPをクラウド上で利用しています。
産業向けのIoTシステムでは、ゼネラル・エレクトリック(GE)が開発提供するIoTプラットフォーム「Predix(プレディクス)」やシーメンスが提供する「MindSphere(マインドスフィア)」などがコストパフォーマンスや手軽さからから、そのプラットフォームにクラウドを採用しています。AIなどディープラーニング(深層学習)、画像解析など大容量データ処理を高速処理するシステムもクラウドをプラットフォームとして利用するケースが多いようです。
企業は、システムの用途や目的に合わせて適材適所にIT基盤をオンプレミスやクラウドから選ぶことができます。企業システムは、既存システムはオンプレミス型で社内のサーバやデータセンタに置き、IoTやAIなど新しいシステムはクラウドに置くというマルチプラットフォーム構成が主流となっていくことでしょう。
こうしたトレンドを踏まえて留意すべきポイントは、OSやデータベースなどミドルウェアは利用するアプリケーションなどによって異なることから、そのアーキテクチャやツールの違いが問題となる点です。運用管理から考えると、バラバラに選ぶとセキュリティや運用コストなどにムダやリスクが生じます。
懸念されるのは、クラウドで手軽に利用できるサービスをエンドユーザーが安易に利用したことが、企業全体のリスクやトラブルを招くきっかけとなってしまうことが予想されます。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次