IoTサービスに対応する次世代ERPのイメージとは

業界トップランナーである鍋野敬一郎のコラム「ERP再生計画」第六回「IoTサービスに対応する次世代ERPのイメージとは」を公開しました。

はじめに

IoTは製造業やヘルスケア、物流、エネルギーなど幅広い分野でその活用が拡大しています。前回は、建設機械の事例からIoT技術で収集したデータを活用したサービスを顧客へ提供し、その顧客情報をERPで管理するというケースを紹介しました。今回は、これを更に掘り下げて次世代ERPのイメージを考えてみたいと思います。

IoT技術を利用したビジネスと従来ERPで不足する機能について

IoT技術の活用については、ドイツが提唱するインダストリー4.0(第4次産業革命)と呼ぶ製造業における利用や、米国の産業向けIoT(IIoT)などがあげられます。
センサーや機器などから得られるデータを収集して、この情報をビッグデータ解析やAIなどを使って新しいサービスを生み出す取り組みです。ゼネラル・エレクトリック社(GE)では、独自開発したIoTプラットフォーム「Predix(プレディクス)」を使って顧客へ新しいサービスを提供しています。
航空機のエンジンに取り付けたセンサーから取得したデータを活用して、燃料消費を減らすサービスを提供したり、故障を予知してトラブルを回避したりするサービスを提供しています。GEは、顧客へモノとサービスの両方を提供することでモノを作るだけの製造業よりも高い利益を上げることに成功しています。
経済産業省が製造業におけるIoT技術の活用について説明する資料によると、GEのように製造業はモノづくりによるビジネスと、モノが生み出すデータを活用した新しいビジネスの両方から売上/利益をあげられると説明しています。IoT、ビッグデータ、AIは、モノづくりで生産性の向上に役立ち、サービスでは新しいビジネスモデルの創造に役立つことが目指す変化だと書かれています。(図表:”IoT/BD/AIが製造業にもたらす変化”より)

これまでのERPシステムは、生産性向上に対応する機能は搭載していますが、膨大なIoTデータを取扱う機能や新しいビジネスモデルに対応する機能には対応出来ていません。前述のGEでも、IoTサービスを提供しているシステムとGEが導入しているERPシステムが連携しているのは、顧客情報と販売管理の機能のみです。GEでは顧客へ提供する燃料消費を抑えるサービスは、ERPとは別のシステムで処理しているのでその結果データを別途課金モデルに合わせてERPの販売管理で請求しています。いずれこうした複数システムをまたがって情報を連携するようなやり方ではなく、互換性のあるシステム基盤(プラットフォーム)の上にバックオフィスの業務処理データもIoTデータも合わせて処理できるような仕組みが出来るようになると思われます。そのポイントは、従来のERPをベースに膨大なデータを処理出来る機能と、新しいサービス提供や複数のビジネスモデルに対応できる進化したERPになると予想されます。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次