ERP+RPAは普及拡大フェーズへ、RPAは今後どの領域に加速するのか

鍋野敬一郎氏コラム「ERP再生計画」第35回「ERP+RPAは普及拡大フェーズへ、RPAは今後どの領域に加速するのか(導入しやすい業務と導入が難しい業務)」を公開しました。

目次

□はじめに

 ERPとRPAを組み合わせた活用は、定期的に行うルーティンワークを自動化することで担当者の作業時間を省力化に効果が高いという話はここでも何度も行いました。また、RPAとAI-OCRの連携はさらに効果を高めることもご紹介しました。RPAの導入費用は安くなり、選択肢も広がりました。大企業から中堅中小企業や官公庁へ、RPAの導入は広がっています。こうした状況を踏まえて、RPAは本格的な普及期に入ったと思います。また、経済産業省が2018年に公開したDXレポートを踏まえて、多くの企業がDXへの取り組みを急いでいます。DXに取り組む目的は、競争力強化と激変するビジネス環境に対応して生き残ることです。DXへの取り組みを睨んで、これからのRPA戦略についてご紹介します。

■バックオフィス業務と工場や研究開発業務ではRPAの使い方やコツが少しだけ違う

 RPAの導入範囲は、バックオフィス系の業務から工場など生産現場や研究開発など幅広い領域へ拡大しています。ERP+RPAによる効果については、さまざまなノウハウや事例がモデル化されて安定した成果をあげています。経理財務の月次処理や、請求書の作成作業、調達業務における支払い処理など、お客様や仕入先によって契約条件や商流が異なるため同じ業務でも処理パターンは複数あります。こうしたパターンごとに整理して、ERP+RPAで自動処理する仕組みを作り、担当者の役割はその確認作業とすることで作業効率を高めることが出来るのです。ここで問題となるのは、作業担当者によって同じ業務なのに作業手順が異なったり、手順が曖昧で属人的なやり方が複数存在したりするケースです。手順を定めることで、こうした問題は解消することが出来ます。お客様や仕入先の都合で、通常とは異なる対応や、ミスなどによってこうした自動処理が滞るケースも生じますが、その場合には、担当者の判断で問題解消出来ます。ツールを上手く活用するポイントは、これまでの処理作業をそのまま自動処理にするのではなく、RPAによる自動処理を行った後で担当者が確認する処理を入れてミスやエラーを見つけやすする仕組みを組み込むことです。また、同じ処理をした前回や前々回と比較することでミスやエラーを気づきやすくすることも出来ます。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次