SCM再生、成功の鍵はERPとRPAテンプレートとAI 

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第30回:SCM再生、成功の鍵はERPとRPAテンプレートとAI」を公開しました。

目次

□はじめに

 今回世界中に広がって新型コロナウイルスによる影響は、グローバル展開している企業にとってサプライチェーンの分断化という全く想定外の事態を引き起こしました。特に自動車や携帯電話などのハイテク製品は、複雑で高度なセンサーやデバイスが多数使われているため、たった1つのパーツが揃わないだけでも製品は完成しません。今回は、新型コロアウイルスが終息したあとに製造業が取り組むサプライチェーン管理再構築(SCM再生)を想定して、ERP/SCMとRPAの導入についてご紹介いたします

■グローバル製造業のサプライチェーン再構築について

 新型コロナウイルスによる製造業のグローバルサプライチェーン分断は、これまでの常識を抜本的に見直すきっかけとなります。これまでのグローバルサプライチェーンは、コスト低減、納期短縮が重要だと考えられてきました。多くのグローバル製造業は、複雑で長いサプライチェーンを絶妙のバランスで構築していました。しかし、米中貿易紛争や新型コロナウイルスによってサプライチェーン分断が大きなリスクとして顕在化しました。製造業の売上は、完成品を出荷しなければ売上を計上出来ません。たった1つのパーツが揃わなくても出荷することは出来ず、売上を計上することが出来ません。今回のケースでは、中国からのパーツが届かなかったり、国をまたがる異動が禁止されて工場間のサプライチェーンが途切れたりすると完成品が出荷出来きません。長くて複雑なサプライチェーンが、原材料仕入から生産、売上、回収のリードタイムが伸びるため企業経営のリスクを招くことになります。つまり、新型コロナウイルス終息後はこのリスクを回避するサプライチェーン管理再構築に取り組む必要が出てきます。

 グローバル製造業のサプライチェーン再構築ポイントは、次の3つです。

1,主要生産拠点は3つ

 これまでは、生産拠点であり巨大市場である中国を軸として“チャイナ・プラス・ワン”という考え方がありました。“プラス・ワン”とは、中国以外にもうひとつ生産拠点を構えるという意味で、アジア新興国のタイ、インドネシア、マレーシア、ベトナムなどがその候補としてあげられます。しかし、今回のコロナショックで直面したのがサプライチェーン分断という製造業にとって致命的な状況です。製造業は製品を出荷しなければ売上を計上することが出来ないため、たった1つパーツが届かなくても製品出荷が出来ません。注文したお客様もいつまでも待てないため、注文をキャンセルして入手可能な製品へ乗り換えることになります。こうした状況から、コロナショック終息後は、この教訓を踏まえて“3つの生産拠点(日本:リスク回避型ノックダウン生産、中国:生産能力重視、アジア:中国以外の市場向け)”といった3生産拠点体制が再編の骨子となるでしょう。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次