プロセスマイニングとRPAがERP再生を支える

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第29回:プロセスマイニングとRPAがERP再生を支える」を公開しました。

目次

□はじめに

 2020年は人類史に残る厄災の年として、我々の記憶に深く刻まれる年になりそうです。前回の冒頭に書いた「2020年は、東京オリンピックイヤー」というのがわずかひと月で見事に外れてしまいました。我々が住む世界は日々変化していますが、ときにわずかな時間で劇的に変化してしまう絶妙なバランスの上に成り立っていたことに気付かされます。環境は刻々と変化しています、その変化に合わせて自らの行動を変える柔軟性が大切です。今回は、業務プロセスの見直しについてその最新ツールについてお話したいと思います。

■AS-IS現状にRPAを導入しても上手く動かない理由とは

 ERPとRPAを連携させて繰り返す処理を自動化して、省力化、時間短縮出来るのはみなさんもよくご存知だと思います。大企業でも経理部門や購買部門なので既に本格的な導入が進んでいて、最近ではこうしたERP+RPAによる導入効果をさらに横展開して行く動きが広がっています。また、地方行政でもExcelとウェブシステムを中心とした繰り返し作業が多いことから、Excel+ウェブシステムのオペレーションをRPAで自動処理する取り組みや、中堅中小企業でも大企業同様にERP+RPAの導入が加速しています。しかし、ここで問題になっているのがERP+RPAによる処理が途中で止まってしまうことです。これは例外処理や、特定のマニュアルオペレーションが必要となる特殊な取引なので生じることが多く、日本企業にはこうした例外処理が数多くあります。筆者が業務プロセスの調査に入ってヒアリングを進めていくと、必ず属人的な例外オペレーションが見つかります。通常は、スコープ外として議事録などに記録を残して次に進めます。しかし、こうした例外処理が多くて、RPAでは処理出来ないケースが多数見つかります。RPAを導入しても、思った以上に効果が出ないということになります。

 ERPとRPAが連携して効果を発揮するのは、システムと人間の作業に、「マニュアルによる繰り返し作業が多い」、「組織間の役割が曖昧」、「煩雑なルール変更がある」と言った場合です。ERP+RPAの効果を最大化するためには、現状のAS-ISをプロセスマイニングツールで解析してから、業務の標準化とシンプル化・部品化を行ってBPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)による業務プロセスの最適化と合わせて導入する必要があります。RPA導入前に、「オペレーションの整理/役割の明確化/業務プロセスの標準化」などを行うことで、導入効果を最大化することが出来きます。しかし、いつの時代もBPMの導入は労力に比べてリターンが低いと言われています。また、経理や財務、調達といった部門ならば、月末締めの月次処理などがプロセスをテンプレート化して、そのテンプレート部品を組み合わせて新しい業務プロセスを描くことは可能ですが、対象となる業務プロセスやシステムの仕様書やマニュアルを参考にしても、多くの場合RPAがスムーズに導入出来ないのです。その理由は、業務処理の例外処理や属人化にあります。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次