デジタルワーカーを軌道に乗せるためには

デジタルワーカーの潜在能力を引き出し、RPAに対する投資効果を最大化するためには、デジタルワーカーにも人間の労働者と同じようにトレーニングとオンボーディングが必要です。

現在、世界中の企業で数百万人のデジタルワーカーが雇用されています。実際にIDCの新しい調査では、ロボットプロセスオートメーション(RPA)プラットフォームを含むデジタルワーカーの数は2021年までに50%増加すると予測されています。未来の仕事は、デジタルワーカーが人間の労働者と協力して仕事を補完・強化し、より大きなビジネス成果を達成していくことになるでしょう。

多くのRPAプロジェクトはデジタルワーカーをデプロイすることで何兆ドルもの節約が期待されているにもかかわらず、その潜在能力を十分に発揮できていません。根本的な原因は、多くの場合、デジタルワーカーが非構造化コンテンツを処理する方法を知らないことです。RPAで最大のROIを実現するためには、デジタルワーカーが適切にトレーニングとオンボーディングされ、最も効果的に仕事を遂行するために必要な認知スキルを備えている必要があります。

みなさんが会社で新しい役割を開始したとき、おそらく誰かが会社の作業を説明し、みなさんの責任範囲について詳細に説明したことでしょう。このオンボーディングプロセスは、みなさんが役割を全うするために重要です。しかし、このロードマップは新しいデジタルワーカーにも常に行われているわけではありません。以下にご紹介する手順は、デジタルワーカーを組織に雇用し、トレーニングし、一人前にするためのガイドとして役立ちます。

目次

ステップ1:雇用プロセス

最初のステップは、そのデジタルワーカーを本当に雇うべきかどうかを判断することです。RPAには、作業の合理化、反復的で時間のかかるタスクの自動化、運用効率の向上など、多くの利点があります。ただし、すべての作業がRPAに適合しているわけではないことを理解することが重要です。さらに悪いことに、デジタルワーカーが「適任ではない」タスクを実行したり、遂行するための技術的スキルを持っていない場合は、誤った作業を選択すると意図しない結果につながる可能性があります。

みなさんの作業にデジタルワーカーが必要かどうかを判断するためには、判断ベースではなくルールベースの決定に従う必要があります。結局のところ、デジタルワーカーはロボットでしかありません。みなさんの作業が反復的で、特に光学式文字認識(OCR)やドキュメントキャプチャによってデジタル化されている場合は、機は熟しています。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次