2020年に注目すべき5つのAIトレンド

人工知能(AI)は私たちの日常生活に組み込まれています。AI技術は非常に高度になったため、今ではその存在にまったく気付かないうちにAI技術と接触していることも珍しくありません。企業では、プロセスインテリジェンス(IQ)などのAIソリューションの採用率が驚異的となり、組織全体でプロセスを監視・管理する方法を大きく変えました。AIは2020年にも拡張し続けており、職場でも職場外でも私たちの生活に大きな影響を与え続けています。

目次

1. AIの規制が発展する

AIはより高度になり、業界、職務、地理的市場にまたがるさまざまなユースケースに継続的に活用されています。そしてAIは未知の法的領域にまで進出してきました。AIは人々の生活に多大な良い影響を与える可能性がある一方で、技術が悪用されたり誤って伝えられたりすると、有害な結果を招く可能性があります。

2020年には、より多くの規制が具体化され、ますます標準化されることが予想されます。世界中でAIの法的規制が広く行きわたっています。ヨーロッパでは最近、消費者がいつ人間ではなくロボットシステムと接触したかを企業に開示することを要求する規制が制定されました。米国ではカリフォルニア州が、消費者をだましたり悪影響を与えるためのAIの使用を禁止する法律を可決しました。

2. デジタルワーカーが職場を作り直す

新たなIDCの調査によると、ソフトウェアロボットやAIなどのデジタルワーカーの貢献度は、2022年までに50%以上増加します。これらのデジタルワーカーは、職場のダイナミクスを大きく変えます。従業員がしばしば恐れる単調で退屈な作業の多くを排除し、より多くの社会的かつ生産的な職務のために従業員の時間とリソースを解放します。これらのデジタルワーカーは、プロセスの合理化、運用効率の向上、データからの有意義な機会の開拓、収益源の発見において役割を果たすでしょう。

最も重要なことは、おそらく、デジタルワーカーはより魅力的で充実した人間の労働力の創出に役立つ可能性があるということです。デジタルワーカーが反復的な事務作業を引き受け、チームが従業員の職務を再構成すると、従業員はより価値の高い作業に集中できるようなり、より有意義で魅力的でインパクトのある方法で自分たちの役割を明確化できるようになります。

3. プロセスインテリジェンスが標準になる

より複雑なデジタルトランスフォーメーション技術が展開されるにつれて、組織のあらゆる側面での運用を監視する機能がますます重要になります。固有の機能(CRM、ERP、CMSなど)を管理する技術システムは、自らのプラットフォームが制御するプロセスのみを可視化します。これらのスタンドアロンシステムはいずれも、全体的かつ詳細な方法で洞察をまとめることができません。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次