レガシーERP再生の秘策は「リフト&シフト戦略」によるクラウドERP

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第26回:レガシーERP再生の秘策は「リフト&シフト戦略」によるクラウドERP を公開しました。

目次

□はじめに

 前回は、これからのERPには『クラウドとデジタル』への対応が必要というお話をしました。今回は、レガシーERP再生についてもう少し具体的な進め方についてご紹介したいと思います。従来のオンプレミスでERPシステムを利用する企業は今後減少して、2020年度以降は新規ERP導入の半数以上がクラウドERPシステムを導入すると予想されています。クラウドERPには、以前このコラムでERPのクラウド化についてご紹介した通り(第22回)、SaaS型とIaaS型の2つのやり方があります。市場環境が激変することが予想されるこれからを生き残るためには、クラウドERPを利用してDX(デジタルトランスフォーメーション:デジタル変革)をスピーディーに実現する必要があります。その秘策となり得る考え方が、「リフト&シフト戦略」です。

■オンプレミスのレガシーERPをクラウドに「リフト」する取り組み

 老朽化したレガシーERP(基幹システム)を再生して『クラウドとデジタル』対応を実現するためには、ERPシステムをクラウド基盤に「リフト」してから、DXへ進む「シフト」して新しい機能の拡張や強化をする必要があります。まず、オンプレミスのERPを、クラウドへシステムを持ち上げる“リフトする”ことをまず考えます。このプロジェクトを実行するタイミングは、オンプレミスERPのサーバー契約更新タイミングが良いと思います。一般的に、サーバーの契約更新は5年毎が多いと思われますが、このタイミングでインフラをオンプレミスからクラウドへ移行すると重複期間が最小限となります。クラウドに「リフト」するメリットは、①インフラの維持管理コストと保守作業を削減できること、②費用対効果が分かりやすく情報システム部門でプロジェクトをコントロールできること、③クラウドへの移行プロジェクトを通じてERPの現状調査とERPの技能継承ができること、と言った3つのメリットがあります。単純比較は難しいのですが、既存ERPシステムをオンプレミスからクラウドへ移行するだけで10%~30%程度の維持管理コスト削減やERPに関わる作業負荷を減らすことが可能です。

前述した通り、ERPシステムをクラウドへ移行する方法はSaaS型とIaaS型の2つに分かれます。SaaS型の場合は、ベンダが提供する新しい環境に設定や機能を整えて、主に中身を移行するERP乗換えプロジェクトを行うことになります。SaaS型で提供されるERPシステムは自動的にバージョンアップされる仕様なので、原則アドオンやカスタマイズは出来ません。ERPの標準機能をそのまま利用します。不足機能については、対象外としてスコープから外すか、あるいはERPの外にWebアプリや連携システムとしてマイクロサービス(マイクロERPとも呼ぶ)を作って不足機能を補完します。IaaS型のERPシステムをクラウド基盤で稼働させる場合には、既存ERPをほぼそのままIaaSへ移行することも可能です。IaaS基盤は、AWSやマイクロソフトAzureなどパブリッククラウドやNTTグループ各社、IIJなど通信系や大手ITベンダなどが提供するプライベートクラウド、自社グループで独自構築したプライベートクラウドなどが利用出来ます。このIaaS型の場合は、パッケージ版ERPをクラウド基盤上で稼働させるやり方なので、従来通りのアドオンやカスタマイズを同様に行うことが可能です。SaaS型とIaaS型で、メリット/デメリットが違うため目的や用途に合わせて選択できます。最近の傾向では、企業グループ全体をカバーする親会社やホールディングスは、安定性と継続性を重視してIaaS型クラウドERPを選んで、そのグループ子会社や海外拠点、関連企業などはSaaS型クラウドERPを選択してこれを連携する二層型ERP(2Tier-ERP)の導入が今後増えて行くと予想されます。IaaS型とSaaS型のクラウドERPを、用途や目的に合わせて使い分けます。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次