RPA

海外RPAコラム「AIが法律業務を変革する態勢を整えるためには」(野田貴子氏)

Thomson Reutersは企業や専門家向けの世界有数のインテリジェント情報源であり、「今後数年以内に、われわれは人工知能の採用がもたらす法律業務における革命の最前線に立っていることがわかるでしょう」との展望を述べました。

この傾向はデータに裏付けられています。リーガルテック、特にAIへの投資は、2017年には2億3,300万ドル、2018年には記録的な10億ドルに達しました。

法律の専門家たちはTechnology Assisted Review and Predictive Codingを完全に活用して、Da Silva Moore v. Publicis Groupe et alで法的に認められ急速に増加している、訴訟につきものである電子情報の開示コストに対処していますが、AI技術の採用は他の業界より遅れる傾向にあります。

ただし、この傾向は変化しつつあります。CLOC研究所が行った200を超える企業の法務部門の最近の調査では、回答者の45%がAI技術を積極的に評価し、法律業務に関連する非常に多くの人手を要する退屈なタスクを最小限に抑えようとしています。AI技術の応用は普及すると予想されますが、(大企業や大企業の法務部門の領域だけでなく)小規模企業や個人の実務家でさえも利用すれば利益を得られる可能性があります。

American Bar Association Law Practiceに掲載された記事では、Andrew PeryとMike Simonがロボットによる業務自動化を用いて、法律業務に関連する平凡で退屈な作業を合理化し、より高い価値の仕事に専念するために弁護士を解放する方法を検証しています。

ABBYYの法務部門のポートフォリオと、契約分析のためのAI技術の応用をご覧ください。

Andrew PeryとMichael Simonより

このブログは、Andrew PeryとMichael Simonの記事「Robotic Automation Can Improve Your Practice」を簡単に要約したものであり、元々は2019年7月1日にAmerican Bar Association(ABA)の雑誌に掲載されました。記事の全文を読みたい方は、こちらのリンクを辿ってください:https://www.americanbar.org/groups/law_practice/publications/law_practice_magazine/2019/JA2019/JA19PerySimon/


本コラムは「 https://blog.abbyy.com/how-ai-is-poised-to-transform-the-practice-of-law/」を独自の見解で意訳したものであり、原作者の意図を完全に表したものではありません。予めご了承ください。

資料ダウンロードと個別相談会のご案内

このコラムを連載いただいている日商エレクトロニクスでは先駆者としてRPAの自社導入にも取り組んでおり、経営企画部、財務経理部、人事総務部の3部門でRPAをGRANDITE連携で導入し、ROI 590%と770万円のリターンを実現しています。そして成功事例の分析資料も以下のセミナーレポート内で公開しています。興味がある方は是非ダウンロードください。こちらにはガイドライン的なものも書かれています。

【レポート】ERP勉強会 次世代ERPに求められる条件
https://erp-jirei.jp/archives/1059
また個別にお話を聞かれたい方は無料でコンサルタントに話を聞ける「個別相談会」を実施していますので、そちらをお申し込みください。

個別相談会:
https://erp-jirei.jp/kobetsu



関連記事一覧