ERPの導入効果が実感できていますか?(ガバナンス編)(GRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第11回)

前回のコラムでは、ERP導入効果の中で特に業務プロセスの効率化と経営状態の迅速な把握についてご説明しました。これら2つの効果は自動車でいうところの「アクセル」や「メーター類」に相当するもので、企業の成長を推し進めるのに重要な機能です。

一方で、企業経営は一直線の道をひたすらアクセルを踏んでいけば良いというものではありません。コーナーを素早く安全に回る、目の前の危険を回避するには「ブレーキ」というのも重要な機能ではないでしょうか?企業でのブレーキという意味では、内部統制(ガバナンス)などがこれにあたると思います。

■内部統制とERP

 日本において内部統制報告制度(J-SOX)が導入されてから、多くの公開企業を中心に内部統制に対する意識が高まりました。内部統制では違法行為や不正が起きないように社内ルールを整備し、運用を徹底する必要がありますが、これを実現するのにERPが効果的ということで、内部統制を実現するための手段としてのERP導入を検討する企業が増加しています。

(ERPによる内部統制効果)

 ・ERPはあらゆる業務/データを統合管理するのでデータの整合性が取れる

 ・ERPではユーザ毎にアクセス権限(職務権限)などを管理できる

 ・申請、承認フローなどを利用することで、登録されたデータの正確性を担保できる

 ・ログ管理機能で内部統制の運用状況を可視化でき、内部監査時の証跡を取得できる

 内部統制報告制度が導入されてから既に11年目を迎えました。法改正に合わせて内部統制の強化を目的にERP導入を行った企業も多いですが、違法行為や不正行為は社会的信用を失墜させ、企業の存続を脅かす行為となるため、現在でも上場企業に限らずERP導入で内部統制強化を実現する企業が増えています。

■グローバル展開と内部統制

 加えて、最近は日本企業のグローバル展開に伴い、海外子会社を含めた内部統制の強化が課題となっています。一般的に海外子会社では管理主体が現地中心になりがちなど、管理体制が脆弱、商習慣の違いや現地の状況が見えにくいなどの理由から親会社からのガバナンスが効きにくいという傾向があります。

 一方で、いわゆる「合併・買収」の日本企業の実績は7年連続で増加しており、大企業に限らず成長を求める中堅企業が海外展開の足がかりとして M&Aを選択することも確実に増加しています。

このような状況から、海外子会社のガバナンスが問題になるケースが増えていますが、この中から、システムに関する課題をいくつかピックアップしてみました。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次