令和元年!クラウドERP最新トレンド2019

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第22回:令和元年!クラウドERP最新トレンド2019 を公開しました。

□はじめに

 国内のERP市場に、目に見える変化が出てきています。個別のベンダや製品ごとの動きは、常に変わり続けていますが、今回の変化は市場構造が変わるような大きな潮流になるかもしれないと感じています。経済産業省の研究会で、「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」という会合があります。その中間とりまとめが、公表されています。「DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~」というのがあります。このDXレポートでは、日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を阻んでいるのは、老朽化した基幹システムによるものでその経済的損失は2025年以降で毎年12兆円と試算される!という衝撃的な内容です。
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html
そのサマリーには、DXの推進に向けた対応策について現状の5つの課題が書かれています。

  • A)既存システムの問題点を把握し、いかに克服していくか、経営層が描き切れていないおそれ 
  • B)既存システム刷新に際し、各関係者が果たすべき役割を担えていないおそれ 
  • C)既存システムの刷新は、長期間にわたり、大きなコストがかかり、経営者にとってリスクもあり 
  • D)ユーザ企業とベンダ企業の新たな関係の構築が必要
  • E)DX人材の不足

いろいろなメディアが、このDXレポート「2025年の崖」について取り上げた記事が出ているので、読者の皆様も目にしたことがあると思います。さて、ビジネス環境の変化やこうした経済産業省からの動きも絡んで、今回から3回ほどあらためて「ERP再生計画、クラウドERPバージョン2.0」をお伝えいたします。

(図表1:経済産業省「DXレポート」サマリーより)

■国内ERP市場最新トレンド2019についての考察

 ERP市場最新トレンドについて、まずはニーズの変化から紐解いていきたいと思います。ここ最近における国内ERP市場のトレンドは5つあげることができます。

  • 1)グループ経営の情報インフラシステムとしてのERP
  • 2)ガバナンス強化と経営目的に合わせたERPの使い分け(2階層ERP)
  • 3)ウェブ親和性、柔軟性の高いハイブリッド型ERP(ハイブリッド型ERP)
  • 4)低価格高機能な業種特化型ERP、疎結合での逐次導入も可能(レゴブロック型ERP)
  • 5)守りのERPから攻めのERPへ「ERP+」で個別サービス化

以上、5つがテーマです。これの5つを、それぞれご説明しましょう。

「グループ経営の情報インフラシステム」とは、かつて1つの企業の部門間を統合して経営情報をタイムリーに入手する目的から、最近ではグループ企業を束ねる仕組みとしてERPをグループ展開するところが増えています。また、その内容も会計中心から、会計とロジスティクス(販売と購買、生産や物流など)と範囲が広がっています。ヒト・モノ・カネのカネ(お金)に関わるところだけではなく、人(グループ人材)やモノ(設備やその稼働状況)といった経営リソースを幅広く見える化(可視化)するベースにERPを利用するケースが増えています。グループ偉業が等しくERPを使うことで、同じレベルの情報を簡単に入手できるメリットに注目した活用です。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次