組織のあらゆるレベルのニーズに対応するコンテンツIQとは(海外RPA動向コラム)

コンテンツがすべてのビジネスプロセスや活動の中心であるとして、企業組織は非構造化コンテンツ(文書、電子メールコミュニケーション、画像、テキスト)に書かれている意味を解釈し、自由に扱うことができる技術を求めて限界を押し上げ続けています。コンテンツ内に閉じ込められているデータには、顧客サービスの向上、契約の増加、業務の強化、収益機会の見極めに不可欠な情報が含まれています。コンテンツの役割を理解することは、業務改善やユーザーの生産性向上と同じ様に重要です。

情報はモバイル端末、電子メール、スキャナ、FAXなどのさまざまな方法で受信されるため、どこから来た情報であるかに関わらず、そのコンテンツをプロセスやシステムに提供できる形の情報に変換する必要があります。これを達成するために、企業は紙の書類をデジタル化し、分類し、そしてデータを抽出するためにキャプチャ技術を使用してきました。通常これは中央に配置され、高度に訓練されたキャプチャの専門家によって管理されていました。しかし、企業がOCRや機械学習などのAI技術を消費利用する方法は急速に発展しています。

目次

改善のための努力

企業組織内でロボットによる業務自動化(RPA)を急速に利用拡大した結果、新たにCenter of Excellence(COE:横断組織)が形成されてきました。COE内ではビジネスとITの利害関係者が協力し、あらゆる種類の反復作業を洗い出して自動化することができます。RPAで始まるCOEは、他のチームや部門のためになるAIイノベーションの計画や実行にも徐々に責任を負うようになっています。また、社内の自動化の機会を見極める取り組みの中で、多くの業務が顧客のオンボーディングや貸付承認作業、あるいは請求書発行などの財務関連作業に付随する非構造化コンテンツを含むことも判明しています。

このような進化や、RPAなどの自動化ツールでの技術の使われ方をもとに、ABBYYがContent IQと呼ぶものが生まれました。

Content IQの定義

Content IQは、デジタルワークフォースが企業コンテンツから意味を解釈して生み出すために役立つ技術の一種です。OCRや機械学習などのAI技術を組み合わせて、非構造化コンテンツから構造化情報を作成します。Content IQによって、組織はコンテンツにインテリジェンスを適用し、それを幅広いビジネスプロセスに結び付けることができるようになります。プロセスに簡単に結び付けられるだけでなく、Content IQはさまざまなバリエーションの文書に対応しているため、デジタルワークフォースにとって強力なツールとなります。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次