自動化に関する神話の真実(海外RPA動向コラム)

技術の進歩はしばしば変化を意味します。これらの変化が理論上どれほど有益であるかに関わらず、これらの変化を受け入れるようにスタッフを説得することは困難になる場合があります。

自動化はその好例です。自動化の利点は証明されていますが、RPAが従来の方法と非常に異なっていることを考えると、「変化」の要素は多くの人を不安にさせる可能性があります。

どのような組織でも、人々は自動化の提案のあらを捜し、多くの質問をするでしょう。そのほとんどは、RPAが単なる概念であったときからWeb上で広まっている神話によって、拍車がかけられています。

RPAの大きな噂を覆し、事実とフィクションを分別しましょう。判断をするために必要な正当な情報はここにあります。

目次

ロボットはあなたの仕事を盗もうとしている

これはおそらく、すべての噂の中で最も人気のあるRPAの比喩です。製造業者は、今日ではほとんど何でもできる能力を持つロボットを開発しています。このことは、「コンピュータを導入することができるのに、なぜヒューマンエラーを起こしやすい労働者を採用するのか?」という疑問を投げかけています。

このデマを流している人はもちろん間違っています。ロボットは世界を支配していません。彼らは世界の一部になりつつあるだけです。

洗練された機械でプロセスを自動化することで、作業をスピードアップし、エラーを減らし、品質を向上させることができます。しかし、常に、ある点で人間のスタッフが必要になります。

最終的にはロボットは仕事を奪いませんし、ロボットは新しい仕事を生み出しています。人間は困難な仕事の代わりに、機械やソフトウェアの管理、監視、維持の仕事をすることができます。

ロボット導入の道は長く、複雑で、高価である

多くの企業はRPAを採用すべきだと考えていますが、時間がかかり、費用がかかり、複雑な手順になることを恐れて何度も延期しています。

ロボットを追加するのは高価で複雑なことに思えるかもしれませんが、実際には、RPAの提供は専門家にとっては簡単なことなのです。みなさんが何か損をする必要もありません。

あなたのソリューションをサポートするRPAの専門家グループを見つければ、デジタルワークフォースの作成はラップトップの電源を入れるのと同じくらい簡単であることがすぐにわかります。

すべてのRPAソリューションは同じである

企業の世界では、あるRPAソリューションと次のRPAソリューションとではほとんど違いがないという幅広い認識があります。現実には、オートメーションビジネスは彼らが広めている技術ほど常にロボット的であるとは限りません。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次