ロボットと仕事とテキスト解析(RPA海外動向コラム)

ロボットの導入が職場にどう影響するかということが、デジタルトランスフォーメーションに関して一般的によく議論されています。

ロボット化が個々の仕事に与える影響は依然としてデリケートな問題であるものの、企業へのメリットはすでに明らかとなっています。すでに投資家たちがRPAに専念している4,000ものAIベンダーに対して40億ドルを投入していることも不思議ではありません。さらにForresterの見積もりによると、RPAやAIの市場は2018年の推定30億ドルから2020年には500億ドルまで拡大するとのことです。

ABBYYのRPAおよびData Captureを担当する製品マーケティング担当ディレクターであるBill Galushaは次のように申しています。「RPAを組み込み、自社の記録システムと顧客対応プロセスでAIを実現すると、企業はより顧客中心になり、新しいプロセスや製品を迅速に拡張できるようになります。ソフトウェアロボットを採用することで、企業はデータへのアクセスを高速化し、サービス、製品、例外に対する解決策をインテリジェントにより効率的に提供できるようになります。」

実際、顧客中心の企業はより良い顧客体験を生み出すための技術に注目しています。たとえば2018年のホテルの傾向はすべて、より良いサービスを提供し、価格重視の業界で競争力を高めるために設計された、新しい技術を中心としています。これらの技術には、クラウドサービス、ロボットコンシェルジュ、ロボットアシスタントを使った自動化、モバイルアプリに組み込んだスマートキー、そしてお気に入りのオンラインサービスへのアクセスなどがあります。

また、Forresterは、チャットボットが近い将来にRPAと組み合わせたAIベースの技術の主流の1つになると予測しています。チャットボットは顧客と会話することができ、同時にホテルの部屋の空き状況や融資の申し込みの状況など、顧客からの問い合わせの現況を確認することができます。インテリジェントなキャプチャ機能を組み込んだRPAは、必要なデータをキャプチャして分類することや、取引を結んだり決定を下したりすることを、数日ではなく数秒の間に同時にこなせます。

ソフトウェアロボットが企業にもたらすもう1つの利点は、8時間の勤務時間や休日といった制限を受けないことです。彼らは、疲労が起こる人間よりも効率的で、エラーを起こしにくくできています。さらに、会計年度末など顧客の流入がある場合や、追加の報告書の作成が必要な場合など、必要なときにのみロボットを実行するようにスケジュールを設定することができます。Galushaによると、このようなロボットの柔軟性によって企業のスケーラビリティは向上します。顧客が多い場合はロボットを使用し、少ない場合はロボットをオフにします。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次