ERP+RPAで出来る働き方改革、ERP関連作業をRPAで大幅に減らす

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏「ERP再生計画」第16回「ERP+RPAで出来る働き方改革、ERP関連作業をRPAで大幅に減らす」を公開しました。

□はじめに

 企業向けのシステムで、市場規模は前年比較(2016年 vs 2017年)4.4倍に急拡大している製品があります。それが、最近話題のRPA(Robotics Process Automation、ロボティクス・プロセス・オートメーション)と呼ばれるシステムです。このシステムの仕組みをひと事で説明するならば、“Excelにあるマクロ機能が進化して、システム上のほぼ全ての操作が自動化出来るツール”という感じでしょうか。例えば、毎月月末にお客様ごとに受注内容をまとめてお取引レポートを作成するというような仕事があった場合、担当者は毎月明細が異なる同じフォームのお取引レポートを繰り返し作成することになります。取引明細はERPなど基幹システムから拾えますが、レポート形式なので手間と時間が掛かります。システム開発して自動化するほど重要な業務でもなく、派遣社員やアルバイトでも作成は出来ますが内容確認は担当者や責任者が行わなければなりません。こうしたオフィスで繰り返して行う作業こそ、RPAが威力を発揮する場面です。

■RPA導入のコツは、小さく入れて大きく広げる

 RPAの基本的な考え方は、PCで行う作業手順を覚えさせて、これを繰り返し自動的に行うという仕組みです。つまり、日常業務で繰り返して行うルーチンワークと呼ばれる業務がターゲットとなります。RPAには、PCにインストールして行うデスクトップ版と、サーバにインストールしてネットワークを介して複数システムに跨る処理を行うサーバ版の2つのタイプがあります。デスクトップ版は、単純で簡単な処理をする個人の業務を対象としています。サーバ版は、より複雑で複数システムに跨る複雑な業務を高速かつ正確に自動処理することが可能です。メジャーなRPA製品を簡単に図表でご紹介します。(図表1)機能と設定の難しさ(開発難易度)は、ほぼ相関するようです。RPAを導入すれば、手間が掛かるだけの作業を自動処理出来るため、オフィス業務の生産性アップや残業時間の短縮、人手不足の緩和が期待でいます。RPAは覚えた処理を繰り返すだけなので、作業結果の内容チェックは人間が行う必要があります。しかし、時短や省力化対策として即効性があるため”働き方改革”のニーズに合致したシステムとして、金融系企業や総合商社などを中心に爆発的に導入が色がっています。(図表2)

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次