ロボットによる業務自動化(RPA)に精通しよう(RPA海外動向コラム)

こんにちは-。野田貴子です。今回から連載を始めました、このコラムはRPAに関する海外動向で面白そうなコラムを意訳してお届けします。興味がある方はご覧ください。今回もRPAで知られるABBYYのお話です。

さて、このところよく脚光をあびている人工知能(AI)は、経営会議にもよく話題に上がっていると思います。経営幹部層にとっては、ロボットによる業務自動化(RPA)がデジタル化ツールの中で最もエキサイティングなものとしてみえているのではないでしょうか?新しいコンプライアンス規制が大規模になるに従い、組織はRPAを必要としています。大量のデータを制御し業務改善のために継続的な努力を続けている高度に規制された企業にRPAはふさわしく、RPAによる自動化から企業は最大の利益を得ているような成功例も多くなってきました。

目次

RPAとは何か

RPAは、トランザクション処理、データ処理、レスポンスのトリガー、他のデジタルシステムとの通信といった、既存のアプリケーションで従業員が行っていた特定のタスクを、ソフトウェアロボットを使用して実行するアプリケーションです。その使いやすさと早期に実現可能なROIによってRPAの価値は向上しました。ビジネスユーザーやテクニカルユーザーはコストと時間のかかるコーディングを必要とせずに、「ロボット」を構築できます。ほとんどの技術にはさまざまなニーズに対応するために利用できるさまざまなレベルの機能が用意されていますが、RPAには、基本、強化、認知の3つのレベルがあり、そのサイクルによって成長していきます。

基本レベルのRPAは、シンプルで反復可能なルール駆動型プロセスの自動化に焦点を当て、アプリケーション画面からのデータ抽出、ワークフロー自動化、Visioタイプのビルディングブロック、再利用可能なコンポーネントといったユーザーの作業をキャプチャして模倣するためのレコーダーを提供します。これらのプロセスを独立して、あるいはより大きなビジネスプロセスの一部として実行するためにロボットを使用します。ロボットは銀行の取引業務、保険、物流、輸送、請求書処理のような財務において一般的に見られる繰り返しによるデータ入力作業を排除します。

強化レベルのRPAは、あまり構造化されていない、より特殊化されたコンテンツを多く含む作業の自動化に対応します。強化された業務自動化をサポートするツールとプラットフォームは、すぐに利用できる組み込みの知識、自然言語の理解、非構造化データを活用する能力、自動学習機能、パターン認識、確立されたほかのソフトウェアプラットフォームに対するeBondingなどの機能を提供します。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次