フィンテックとERPの連携への期待

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第10回「フィンテックとERPの連携への期待」を公開しました。

□はじめに

2018年3月期の企業業績は過去10年間で最も好調となり、上場企業では過去最高益となる企業も多いようです。企業業績が良くなると、これに対応してその翌年度のIT投資は確実に増加します。2018年1月末に、日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が発表した「企業IT動向調査2018」の速報では、企業IT予算の増加が予想されています。ERP市場も活況で、昨年から技術者の人手不足が続いています。AIやIoTなど新しいテクノロジーに対する関心も高く、IT業界の人手不足は今後も続くと予想されています。しかし、金融業界向けのITについては、みずほ銀行の新しい勘定系システム完成によってその開発に携わっていた技術者が不要になることとAIやRPAなどによってコールセンターや窓口業務の人員が不要になると言われています。金融業界の構造が大きく変わりつつあります。その中で注目されているのが、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた「ICTを駆使した革新的かつ破壊的な金融商品・サービスの潮流として、“フィンテック(FinTech)”です。フィンテックとERPは、お金に絡む技術という点で接点があることと、ブロックチェーンや顧客情報管理といった要素技術の応用から実は大きな可能性があります。

■フィンテックには、どのようなものがあるのか?

フィンテックと言うと、多くの人がイメージするのは“ブロックチェーン”という言葉ではないでしょうか。ブロックチェーンとは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のコアテクノロジーとして使われている技術で、「分散型台帳技術」と呼ばれる技術です。その内容についてここでは詳しく説明しませんが、従来の銀行システムでは膨大なデータを処理する取引台帳を1つの巨大なサーバで処理するのではなく、ネットワーク上の複数サーバに分散して処理する技術です。これによって、銀行システムのコストが劇的に下がると言われています。しかし、仮想通貨機能のブロックチェーン以外にも、決済機能の電子マネー、海外送金機能、スマートフォンなどによるP2P送金機能、シェアリングやクラウドファンディング、AIなどを使った投資サービス提供、履歴データから個人ごとの嗜好に合わせた消費誘導サービスなどお金に関連するあらゆるテクノロジーがこのカテゴリーに入っています。身近なところでは、Amazonや楽天と言った日常良く利用するEC(電子商取引)で、個人ごとに推奨する商品やサービスが違っているのはご存知の通りです。こうした機能もブラウザのクッキーと購入履歴データを利用したフィンテックのひとつです。経済産業省では、フィンテックが経済活動に及ぼす影響や課題など総合的な報告・提言として「FinTechビジョン」を取りまとめて公開しています。
http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170508001/20170508001.html

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次