次世代ERPがフォーカスするヒトを中心としたAI機能とは

業界トップランナーである鍋野敬一郎のコラム「ERP再生計画」第7回「次世代ERPがフォーカスするヒトを中心としたAI機能とは」を公開しました。

目次

□はじめに

さて、今回の次世代ERPのテーマはサービス系の業種についてご紹介したいと思います。これまでの製造業と違って、サービス業の中心となるのはモノではなくヒトです。従来のERPでは、ヒトは重要な経営資源「人財」として扱うケースもありますが企業の業績が悪くなると減らしたいコスト「人件費」として扱われます。サービス業などにおいて、次世代ERPではヒトをどのように扱うことになるのでしょうか。

■人手不足が深刻なサービス業が成長するために取り組んでいること

日本の人手不足は、ついにバブル景気時代を越えたというニュースがありました。

バブル景気とは、1986年から1991年までの約五年間の空前の好景気を指しています。この時代は、土地や株式などの資産価格が高騰した時代です。1989年(平成元年)12月29日の大納会に日経平均株価38,957円という高値を付けているのですが、現在の株価が2万円程度であることを考えると、今では信じられないような状況です。札束が飛び交い、証券会社の新入社員ボーナスが100万円というあり得ない時代でした。結局バブル崩壊後この悪影響もあって、日本の景気は20年の長きに渡ってデフレ経済に苦しむことになるのですが、昨今の人手不足はその頃を上回る状況だと言われています。

こうした状況を踏まえて、IT業界で最近話題となっているのがRPA(ロボティクス・プロセス・アートメーション)やAI(人工知能)です。RPAについては、ERPを補完するツールという内容で本コラムの第三回で簡単にご紹介しています。AIについては、身近に感じるものでは自動車の運転アシスト機能として衝突防止安全機能や駐車支援機能などが市販車にも搭載されはじめています。(現状ではレベル3)大手自動車メーカーは、2020年代前半に完全自動運転(レベル5)を目指して開発を進めているそうです。またAI活用例として、みずほ銀行ではIBM Watsonをコールセンター業務に導入しています。IBM Watsonの言語処理機能(Natural Language Classifier, Retreve and Rank,など)使って、コールセンター業務の効率化と顧客満足度向上を目指しているとのことです。このように、AIは既に身近なところで少しずつ普及しはじめています。ERPなど業務システムでも、RPAやAIを使って作業を省力化したり自働化したりする便利な機能を提供する動きが広がっています。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次