【商社業界ニュース】熱帯びる再エネビジネス。商社は「調整力」に相次ぎ参戦

ニュースイッチで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、総合商社がエネルギーマネジメントシステム(EMS)やバーチャルパワープラント(VPP)を活用したビジネスに乗り出している。蓄電池や独自プラットフォーム(基盤)を使い、出力が変動する再生エネの弱点を補う。政府は再生エネ由来の電力供給を増やすため、大型蓄電池の活用を促進する仕組みを設ける。再生エネの安定供給には必要に応じて充放電できる蓄電池が不可欠で、関連ビジネスをめぐる動きは熱を帯びている。

(続きは以下をご覧ください)
https://newswitch.jp/p/30750


■「GRANDIT」ソリューション(商社向け)
https://erp-jirei.jp/grandit

ほぼ毎月実施しているGRANDITオンラインセミナーもご覧ください。
https://erp-jirei.jp/archives/category/seminar/handson

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次