【セミナーレポート】日商エレ & アイ・ティ・イノベーション提携記念セミナー ~新たな時代を勝ち抜くための攻めと守りのIT戦略~

2021年10月15日(金)、当社と株式会社アイ・ティ・イノベーション(以降、ITI)との提携を記念した共同セミナーを開催し、300社を超えるお客様にご聴講頂き、盛況のまま終了いたしました。

セミナーでは、「これからの基幹系システムのあるべき姿」と「オルタナティブデータの活用が切り開くデジタル革命」をテーマとした講演を行いました。

本稿はセミナーの講演レポートをお送りいたします。

目次

1.ご挨拶

日商エレクトロニクス株式会社 取締役 常務執行役員 木部 俊明

DXは2004年にスウェーデンの学者であるエリック・ストルターマン氏によって「デジタル化された便利な社会」として提唱され、ガートナーやIDCが注目トレンドとして取り上げられたことで、グローバルトレンドとして取り扱われるようになり、昨今では「DX」という言葉を見ない日はありません。

日本においてもDXは強く推奨されており、2018年に経済産業省が公開したDXレポートでの提言をはじめ、2021年にはデジタル庁が創設されるなど政府は積極的なデジタル化を推進しています。

ただその一方で、諸外国と比較すると出遅れ感が否めません。

その原因はDX化が目的化しつつあることにあり、ツールの最新化や効率化による業務改善といった面にとどまった結果、新しい価値を創造するまでに至っていないためと考えられています。

当社はこれまで最新テクノロジーやソリューションを長期に渡って提供してまいりましたが、今後、顧客のDXを支援するにはDX構想力を持つことが非常に重要だと改めて再認識しております。

そこで、DXコンサルとして多くの実績と経験を持つITIとの資本提携により、幅広いDX支援をしていこうと考えております。

2.オープニングセッション

日商エレクトロニクス株式会社 アプリケーション事業本部 事業本部長  長谷川 健

昨今、「守りのIT(SoR)」と「攻めのIT(SoE)」が雑誌等で取り上げられており、当社はSoEのご提案をしてきました。

SoEとして、よくクラウドやアジャイル型開発が挙げられますが、それがSoEかといえば、そうではありません。また、SoEとしてAIやデータ分析の注目が集まっていますが、そこで使用するデータはSoRの基盤にもありますし、セキュリティや運用基盤では、攻めと守りが共通であることも多くあります。

つまり、SoRとSoEの実現はそれぞれの特性を考慮した共存できる環境にしなくては、DXは進まないと考えています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次