【商社関連のニュース】ポイント解説!経済・産業政策の重点 vol.3 「経済」×「環境」の好循環 2050年カーボンニュートラル実現に向けて

METI Jounalで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 脱炭素社会とはどんな姿だろうか。
 2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現、2030年度の温室効果ガス排出量46%削減※1。政府の示した目標の達成には、温暖化対策を経済成長につなげる「経済と環境の好循環」を生み出すことが欠かせない。同時に、安定的かつ安価なエネルギー供給体制の確保も求められる。
 経済産業省は2020年12月に「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」(以下、グリーン成長戦略)を公表。エネルギーの供給側・需要側の双方の課題を整理するとともに、産業構造の転換や技術革新などによって脱炭素社会を実現するための針路を示した。

(続きは以下をご覧ください)
https://meti-journal.jp/p/17779/


■「GRANDIT」ソリューション(商社向け)
https://erp-jirei.jp/grandit

ほぼ毎月実施しているGRANDITオンラインセミナーもご覧ください。
https://erp-jirei.jp/archives/category/seminar/handson

■「Dynamics 365」ソリューション(商社向け)
https://erp-jirei.jp/dynamics-365

Let's share this post!
TOC
閉じる