【商社関連のニュース】商社だからできることとは何か? 『三菱商事』に見る水素戦略

財界ONLINEで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

 2020年12月。東南アジアのボルネオ島北部に位置するブルネイ・ダルサラーム国で製造された水素が大型のコンテナ船で日本に運ばれてきた。この距離、実に約5千㌔㍍。これだけの規模で、国と国をまたぐ水素輸送を達成できたのは世界で初めてになる。
 これは2015年から昨年末まで行われた『AHEAD(次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合)』プロジェクト。
 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の助成を受けて、三菱商事やグループの千代田化工建設、日本郵船、三井物産が参画し、水素の供給地であるブルネイから、需要地である日本まで輸送する国際間水素サプライチェーン(供給網)の構築に取り組むというもの。この実証事業が昨年末に完了したということである。

(続きは以下をご覧ください)
https://www.zaikai.jp/articles/detail/819


商社や流通関係のお客様でERP、業務システムの改善をお考えの方は、日商エレクトロニクスが提案する商社向けERPのお話を聞いてみませんか?

■「GRANDIT」ソリューション(商社向け)
https://erp-jirei.jp/grandit

ほぼ毎月実施しているGRANDITオンラインセミナーもご覧ください。
https://erp-jirei.jp/archives/category/seminar/handson

■「Dynamics 365」ソリューション(商社向け)
https://erp-jirei.jp/dynamics-365

Let's share this post!
TOC
閉じる