昨今のERP業界と変わるニーズに対応できる柔軟性の高いERPとは

こんにちは、日商エレクトロニクス 西本です。

世界的なシェアを誇ってきたSAP ERPですが、保守を2025年に終了することを2014年に発表しました(現在は2027年に延期・2020年発表)。

この他にも様々な要因からERPを取り巻く市場は大きな変化を迎え、ERP市場はいま、大きな盛り上がりを見せています。

そこで、本稿では昨今のERP市場と求められている機能、日商エレクトロニクスがおすすめするERP、SAPユーザーが抱える課題とその解決策についてまとめました。

目次

市場背景とERPに求められるようになった機能

現在、SAPユーザーが抱えている2027年問題に加え、2018年に経済産業省が発表したDXレポートによる、企業内のDX化推進をはじめ、ロボット化や予測AI、ペーパーレスの需要が増加しました。

また、コロナ禍によってテレワークが浸透したことで、在宅でも仕事ができる環境にしていこうという傾向があります。

これらの需要が増大したことによって、ERPに求められる機能にも変化が訪れています。

例えば、ERPに電子印の機能や承認機能、FAXで届いた書類をOCRでデータ化した後にERPに自動でデータを取り込まれるようにしたいといった要望があげられます。

昨今のERPはこうした機能も取り込める拡張性が求められているということになりますが、ERPパッケージのほとんどがひとつのベンダーによって開発されています。そのため、必要な機能を順次取り込み、また、業界の特性に合わせられる柔軟性を持つERPパッケージはなかなか見つかりません。

“商社の業務をよく知っている”当社が薦めるERPはGRANDIT

では、そうした背景があることを前提としたときに、当社がおすすめするERPパッケージは、成長する国産ERPパッケージGRANDITです。GRANDITは2003年に日本で誕生したERPパッケージで、その開発背景から様々な業種・業務に対応することができます。

成長する国産ERPパッケージ 「GRANDIT」とは

GRANDITは中堅企業から大企業まで、幅広く対応できるパッケージで、「日本の成長を支えていこう」という理念のもと、日本国内の大手企業14社が中心となっているコンソーシアムで開発された進化形ERPです。

GRANDITは、コンソーシアムに参加している様々な業態に強い各企業が、次のバージョンに取り込むべき機能を提案することで、機能が搭載されます。そのため、幅広い業界の様々な業務に対応が可能です。

さらに、10年使えることを前提として作られているため、新バージョンリリースして10年間は必ずサポートが行われます。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次