【商社関連のニュース】総合物流施策大綱/簡素で滑らか、やさしく強くしなやかな物流へ

LNEWSで表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)が6月15日、閣議決定されたが、その内容は、「簡素で滑らかな物流」、「担い手にやさしい物流」、「強くてしなやかな物流」の実現に向けてとなっている。
それによると、新型コロナ流行による社会の劇的な変化もあいまって、我が国の物流が直面する課題は精鋭化・鮮明化している。
そこで求められるのが、物流DXや物流標準化の推進によるサプライチェーン全体の徹底した最適化。これを「簡素で滑らかな物流」としている。
具体的には、「物流デジタル化の強力な推進」「労働力不足や非接触・非対面型の物流に資する自動化・機械化の取組の推進」「物流標準化の取組の加速」「物流・商流データ基盤等」「高度物流人材の育成・確保」としている。

(続きは以下をご覧ください)
https://www.lnews.jp/2021/06/n0615306.html


商社や流通関係のお客様でERP、業務システムの改善をお考えの方は、日商エレクトロニクスが提案するGRANDITをベースにした商社ERPのお話を聞いてみませんか?

日商エレクトロニクスのERPソリューション「GRANDIT」(商社向け/IT会社向け)
https://erp-jirei.jp/grandit

ほぼ毎月実施しているハンズオンセミナーもご覧ください。
https://erp-jirei.jp/archives/category/seminar/handson

Let's share this post!
TOC
閉じる