【商社関連のニュース】令和2年度の「スマートモビリティチャレンジ」事業の成果や課題を踏まえ、社会実装に向けた知見集と今後の取組の方向性を取りまとめました

商社に限定したニュースではございませんが、経済産業省で表記の情報が公開されましたので、ご紹介します。

経済産業省では、令和2年度の「スマートモビリティチャレンジ」事業で得られた成果や課題を踏まえ、地域や事業者等に対する社会実装に向けた知見集や、今後の取組の方向性を取りまとめました。

1.「スマートモビリティチャレンジ」の概要

経済産業省・国土交通省では、令和元年度より、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決や地域活性化を目指し、「スマートモビリティチャレンジ」事業を推進しています。
推進に当たって、地域・事業者の連携に向けたプラットフォームとして「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」を設置し、シンポジウムの開催やキャンペーンサイトでのマッチングなどを実施しています。

スマートモビリティチャレンジ推進協議会には、総勢306者(107自治体、171事業者、28団体(令和3年3月末時点))が会員として参加されています。

(続きは以下をご覧ください)
https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210402008/20210402008.html

商社や流通関係のお客様でERP、業務システムの改善をお考えの方は、日商エレクトロニクスが提案するGRANDITをベースにした商社ERPのお話を聞いてみませんか?

日商エレクトロニクスのERPソリューション「GRANDIT」(商社向け/IT会社向け)
https://erp-jirei.jp/grandit

ほぼ毎月実施しているハンズオンセミナーもご覧ください。
https://erp-jirei.jp/archives/category/seminar/handson

Let's share this post!
TOC
閉じる