「輸入業務の統制強化事例 ~Excel管理からの脱却~」(GRANDIT DAYS LIVE 2020登壇レポート)

2020年11月19日(木) GRANDIT DAYS LIVE 2020にて当社庄野が「輸入業務の統制強化事例 ~Excel管理からの脱却~」を講演いたしました。

当イベントはGRANDITコンソーシアムが毎年開催をしているビジネスイベントで、今年はオンラインでの開催となりました。

昨今の事業環境の変化が見通しづらい状況下において、企業は既存のビジネスモデルや経営モデルの枠組みを超えた活動を行うことが求められています。AIやIoTなどといったデジタル技術も更に進化し、今までの業務を単にデジタル化するだけでなく、ニューノーマル時代に適応するためのビジネス変革が必要とされています。

当社は総合商社 双日の情報子会社であることを活かし、これまで商社・貿易会社様向けに、各企業の特殊な業務形態に合わせた提案とアドオン開発を行って参りました。

本イベントでは、ニューノーマル時代のERPとして、当社が考える「昨今のERPに求められているものは何か」を説明しました。また、当社のお客様である商社・貿易会社様が持つシステム化・統制面の課題と、どのように解決したかの事例をご紹介しました。

目次

■基幹システムのリプレイス需要が上がっている

2018年に経済産業省が発表したDXレポート内で提言された「2025年の崖」で、システムの老朽化や人材不足などの問題によって、年間12兆円の経済損失が発生する可能性があると予測されています。

同レポート内で提案されたDXをもとに各企業は対策を進めてきましたが、このコロナ禍により、多くの企業で事業継続上の懸念が発生したこと、新しい働き方へ対応する必要がでてきました。

そうした背景の中、今後求められるERPの姿は「ビジネス環境の変化に対応するフレキシビリティを持つERP」であると当社は考えています。

■フレキシビリティのあるERPとはなにか

基幹システムは通常、5年間のビジネスを想定して構築されているケースが多く、そのままでは昨今のビジネス情勢の変化速度に対応しきれないため、ビジネスの変化スピードに対応できるフレキシビリティが必要だと考えています。

例えば、5か年計画をもとにERPを導入したものの、2,3年後に特定の事業へのニーズが爆発的に増えたり、M&Aによって事業が増加したことで機能の追加の必要性が発生したりといったケースが昨今では目立ってきています。

システムの改修には、RPA導入による業務の自動化や、業界専用パッケージの短期導入、スクラッチ開発、ERPへの追加改修といった方法があります。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次