ERP更新情報

株式会社マツオカコーポレーション様【GRANDIT 製造業(アパレル)ERP事例】

SCMシステムと経理システムを統合し、生産効率の向上と経営情報の「可視化」を実現。

カスタマープロフィール

企業名株式会社マツオカコーポレーション
所在地広島県福山市宝町4-14
業種・業界製造業(アパレル)
事業内容メンズ・レディースのフォーマルウェアから
カジュアルウェア、スポーツウェア、ユニ
フォームウェアまでの縫製、洗い加工、
生地開発と生産、及び貿易業務
資本金4億9474万5千円
売上高232億円
従業員数92名
導入モジュール債権、債務、経理

マツオカコーポレーション様はメンズ・レディースのフォーマル、カジュアルからデニム、スポーツ、ワークウエアの領域まで、あらゆる縫製を手掛けるOEM専業の総合アパレルメーカー。
年間取り扱い点数は1300万点におよび、関連会社も含め中国を中心に海外16カ所へ工場を展開しています。

事例概要

マツオカコーポレーション様では急速にビジネスが拡大していく中で純国産ERPパッケージ「GRANDIT」を導入し、基幹システムを刷新。
SCMシステムと経理システムを統合し、生産効率の向上と経営管理情報の「見える化」を実現しました。

課題や導入効果などが記載された、事例詳細資料のダウンロードはこちら

本事例の詳細資料をダウンロードしていただけます。下記よりお申し込みください。

https://erp-jirei.jp/jirei

■資料名:株式会社マツオカコーポレーション ERP構築事例
■ページ数:A4 全8ページ
■公開日:2017年2月13日

関連ERPソリューション

お問い合わせ先

こちらよりお問い合わせください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。

関連記事一覧