COVID時代のビジネス変革に備える金融サービス

ほんの半年前には、ソーシャルディスタンシングというものが公共の場で交流やビジネスを行う上での当たり前の方法になるとは、誰も想像していなかったことでしょう。しかし、ちょうど今年の半分が過ぎた今、マスクや手指消毒剤をつけたり、現金を避けたり、他人との距離感に警戒したりせずに買い物に行ったり、食事をしたり、銀行に行ったりしていた頃のことはほとんど思い出せません。かつては考えもしなかったことですが、車のバックミラーにマスクをぶら下げておかないと車にも乗れなくなってしまいました。他人との距離をどのように捉え、安全性を確保し、可能な限り他人と接触しないように工夫するのかが、これからの金融機関をはじめとする多くの産業のビジネスのありかたを決めています。

それと同時に、このCOVIDの流行のおかげで、銀行でのサービス需要が急増しています。低金利を利用した借り換えや新規融資の申し込み、既存債務の返済猶予、投資ポートフォリオの変更や引き出し、日常的な口座サービスなど、金融機関は顧客とのやりとりに追われていますが、このような作業は実際は自宅から行われなければなりません。金融取引が急激に増加した上に、安全な場所から離れて作業をしなければならないという状況が重なり、金融機関はテクノロジーの優先順位をよく見極め、それを迅速に実行しなければならなくなりました。

銀行管理研究所(BAI)が最近次のように述べました。

小売銀行ではCOVID-19の拡大により従業員のリモートワークへのシフトが急速に進み、実行しなければならない業務量が大幅に増加したことで、業務の進め方に大きな変化をもたらされました。

デジタルファーストの戦略がある銀行ではこのような状況に何年も前から備えてきました。世界的なパンデミックを予想し具体的に準備していた銀行はほとんどありませんでしたが、大規模なデジタルトランスフォーメーションにより10年前には想像もできなかったような方法で顧客を満足させることができるようになっています。

つまり、金融機関はソーシャルディスタンシングを希望する顧客要望に対応する必要があるため、どのように自動化に頼りつつデジタルトランスフォーメーションの優先順位を評価するのかという問いかけを迫られているということです。

目次

新たな生活様式での事業継続性の達成

image

テクノロジーに対する投資や導入を大量に推進してきたデジタルトランスフォーメーションは2020年以前からすでに珍しくなくなっていましたが、COVIDの危機で何が変わったかというと、デジタルトランスフォーメーションの優先度と課題をいかに明確にせざるを得なくなったかということです。自動化、モバイル体験、コンテンツの処理、そしてこれらが存在するプロセスは、ソーシャルディスタンシングという今では当たり前の枠組みに迅速に適応しなければなりません。テクノロジーの必要性が明らかになった「ソーシャルディスタンシング」には、ビジネスを行うための物理的な(人と人の)距離と、仮想的な(よりスマートなテクノロジー体験が得られる)距離の両方が含まれています。もしこれらが以前から銀行のデジタルトランスフォーメーションの課題に入っていたならば、銀行がビジネスを行う上でソーシャルディスタンスを取り入れるようになった今ではこれらが最優先事項に変わっています。ソーシャルディスタンシングは、顧客サービス、業務効率、金融犯罪や詐欺に対する防御に直接影響を及ぼし、法規制を順守するための中心的な役割を果たしています。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次