「デジタルレイバー for GRANDIT」7/22提供開始 ~業務の効率・品質・コスト50%改善~

日商エレクトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:寺西 清一、以下、日商エレ)は、ERPソリューション「GRANDIT」における4カテゴリ「データ入力」「データ確認」「データ出力」「定期実行」をRPAパッケージ「デジタルレイバー for GRANDIT」として7月22日に提供開始します。 「デジタルレイバー for GRANDIT」ページ https://erp-jirei.jp/rpa-grandit

日商エレでは、RPA導入で20~30%の業務改善の実績があります。本パッケージでは、RPA単体での導入よりも高い効果を見込み、業務の効率・品質・コストなど50%の改善を前提としています(※1)

RPAは労働人口の減少や働き方改革への具体的な手段として注目を集め、先進的な大企業をはじめ、多くの企業でPoC(概念実証)から本格的な導入へとフェーズが進みつつあります。一方で本格的なRPA導入にあたっては、セキュリティ対策、個人情報の取り扱い、ガバナンスルールの策定や複数の部門にまたがる業務への対応、開発の内製化をはじめとした社内体制構築など、さまざまな課題があります。日商エレでは、2017年よりRPAを導入しています。自らのRPAユーザーとしての経験はもちろんのこと、総合商社 双日株式会社への導入経験も生かし、GRANDITユーザーの業務効率をさらに強化するため、「デジタルレイバー for GRANDIT」を提供することにしました。

初期費用500万円(※2)で、業務の効率・品質・コストの改善の他、日常業務の自動化やERPのアドオン・カスタマイズの減少といったメリットを享受していただけます。

(※1)お客様の環境・状況・予算によって改善の割合が異なります。 (※2)RPA、AI-OCRライセンス費用含む。ハードウエア、ミドルウエア費用含まず。  

┃RPAの4カテゴリ

1)データ入力 (例:経費支払入力、Excel受注入力)

受領した紙の帳票や電子データを基に、GRANDITに入力する業務を自動化します。

また、Excelを基にGRANDITに入力する業務も自動化可能です。

2)データ確認 (例:請求=支払金額確認)

受領した紙の帳票や電子データを基に、GRANDITのデータを比較確認する業務を自動化します。

3)データ出力 (例:出荷準備用帳票出力)

GRANDITのデータを基にした、帳票を出力する業務を自動化します。

4)定期実行 (例:月次締処理定期実行)

GRANDITの複数画面の処理を逐次実行する業務を自動化します。

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次