DXへの取り組みとERPのクラウド化(GRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第13回)

目次

■ユーザー企業におけるクラウド化の現状

ユーザー企業でのクラウド活用はもはや当たり前になりつつあります。最近のシステム導入の多くは「クラウドファースト」を前提にしており、今後はクラウド化を視野に入れないシステム基盤はないと言ってもいいでしょう。ただし、現在のクラウド化の目的や狙いの多くがハードウェアなどのインフラコストを下げたいという「コスト削減」が中心で、企業の競争力強化や収益力向上を狙った「攻めのIT」化に向けて、クラウド活用を前提とした導入はまだ少ないようです。

それでは「攻めのIT」化に向けた導入検討が少ない理由はなぜでしょうか?

企業の競争力強化や収益力向上といった大きなテーマに取り組むためには、新たに構築するシステムだけでは対応ができず、既存の業務や基幹システムを含めた連携や見直しが必要になるケースが多く、既存システムの多くがオンプレミス上で稼働している場合、まずこちらから手を付けていく必要があるためです。

実際、全てのシステムのクラウド化を同時に進めるのは容易ではないため、将来的にクラウド上での統合を前提に、段階的に既存システムをクラウド上に移⾏していく必要があります。これを進める考え方の一つが「リフト&シフト」です。

■「リフト&シフト」とは

「リフト&シフト」とは、既存のシステムをクラウド上に移⾏し、最終的に全社のシステムをクラウド化。IoT、AI、データ分析など、デジタル変⾰に対応できるシステム基盤への変革を進めるステップの第一段階であるといえます。

具体的には、現在のオンプレミス上で稼働しているアプリケーションをクラウド上に“リフト”し、SoE(System of Engagement)との連携などを行うことで、段階的にシステム全体を攻めの仕組みに刷新するといった形で進めていきます。

 ただし、これはあくまでも第一ステップですので、既存システムをクラウド上に移行したことだけで満足してしまうと運用コストも大きくは変わりませんし、デジタル化に向けた変革もなかなか進みません。重要なのはクラウド化したシステムを如何に活用して、企業の競争力へとつなげていくのかといった取り組みを停滞させないことです。

■効果的な構築ステップ

 特にERPのような基幹システムの場合、影響を与える業務の範囲も大きいため、クラウド化に向けた手順も十分に考慮する必要があります。特にいきなり全体をクラウドネイティブな仕組みに刷新しようとすると、新しい技術を活用することが目的になりかねません。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次