「クラウドERPは自然な流れ。クラウドの勝者はAWSではなく、Azure一択へ」(吉政忠志氏)

自社のシステムをオンプレミスERPからクラウドERPに移行するかどうかは、当たり前だが、その会社の自由だ。諸事情があってオンプレミスERPを使い続ける会社もあるだろう。その諸事情は私は知らないし、そういう判断があっても尊重する。ただ、四半世紀以上IT業界でマーケティングの仕事をしてきた経験から、オンプレミスという言葉が死語になると思っている。

理由はオンプレミスがクラウドより勝っている点がなくなるのも時間の問題だと思うからだ。オンプレミスのサーバシステムがクラウドに移行しない理由は何だろうか。主な理由を以下に上げてみる。

A)セキュリティに不安があるから
B)コストが高いから
C)ソフトウェアがクラウド上でのライセンスに対応していないから
D)手間がかかるから

細かいことを上げれば他にもあるかもしれないが、おおよそこんなところだろう。

Aについてはクラウド上のほうが安全という時代になりつつある。銀行の勘定系がクラウドに移行する時代だ。今の最新のセキュリティを施せば、十分要件を満たすセキュリティになるはずだ。人が作ったものは人が壊せる。セキュリティに100%はない。オンプレミスもクラウドでもだ。クラウドでも銀行の勘定システムを運営できるレベルのセキュリティとパフォーマンスを確保できる時代になったということだ。むしろ、物理的な盗難というリスクや、災害対策を考えればクラウドのほうがメリットが大きい。

Bについては、規模のビジネスであるクラウドは市場規模とサービス単価が反比例する。クラウドのサービス単価は調べるまでもなく、年々下がっている。事実AWSに至っては40回以上も値下げをしている。競争原理も働いている。

Cについてもサーバの半分以上がクラウドにある時代になり、国内クラウド市場規模は年々上昇し2018年には1.9兆円になった。この市場規模感において、ソフトウェアのライセンスがクラウド対応しないという手はない。こちらも時間の問題だ。

一言でいえば、市場の過半数以上を取り、年々拡大しているクラウドを採用しないという理由は規模の拡大とともになくなっていき、特殊用途を除き、大半のサーバがクラウドに移行するのではないかと思っている。前半部分で長々と当たり前のことを書いてしまったが、多くの人が同じように思っているはずだ。

DについてはERPに特に多そうな話だ。オンプレミスのままがよいという理由はいくらでも作れるのかもしれないが、どちらかというと「苦労するので、いじりたくない」や「全体を把握している人がいない」とか「今のままで特に問題がないから」とかそういう理由が本音だったりしないだろうか。でも、そのままのシステムをいつまで使い続けられると思っているのだろうか。まさにつぎはぎで肥大化していったシステムを使い続けることもできるとは思うが、システムが絶命した時に、大きな負担が待っているような気がする。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次