ERP更新情報

Windows Server 2008クラウド移行某商社ERP事例を公開しました。

Windows Server 2008クラウド移行某商社ERP事例を公開しました。

#

フルスクラッチで構築した前システムはWindows Server 2008で動作しており、2020年1月14日にWindows Server 2008の保守が終了するため、Microsoft Azureへの移行を行い、Windows Server 2008の保守の更に3年延長することを決められました。また、前システムはフルスクラッチで開発されており、アーキテクチャーと設計思想の老朽化に伴い、保守の費用と作業負担が増加していました。そこで、同社は自社の業務運用に近いGRANDIT商社パッケージを採用し、最低限のカスタマイズで導入し、保守負担の軽減を図ることを決断されました。

導入効果
•日商エレクトロニクスの商社ERPテンプレートを採用したことで、カスタマイズを採用減に抑えた導入ができた点。
•EOSが一番近かかったSQL Server2008をMicrosoft Azureへの移行することで3年間延命でき、保守切れすることなく、移行できた点。
•商社ERPテンプレート「複数為替予約対応」を活用することで、伝票管理が効率化した点。
•GRANDIT+Microsoft Azureでフルクラウドを実現し、どこでも利用可能なERPシステムを実現できました。

※その他事例は以下をご覧ください。
https://erp-jirei.jp/jirei

◆事例のダウンロードの仕方

※本サイトで提供する事例集は法人や団体に所属している方のみ利用ができます。個人でのご利用はご遠慮ください。登録から1週間前後で会員情報は削除されます。予めご了承ください。

1.会員登録がまだの方はこちらをクリックいただき、画面の指示に従い、会員登録を致します。既に会員になっている方はこのページからログインください。

2.ログイン後、このページのダウンロードボタンを押して、入り用の資料をダウンロードください。

2.リストにない資料でもお問い合わせいただけましたらご提供できる場合もございます。お気軽にこちらからお申し付け下さい。

※本事例集に掲載されている個人情報を含む全ての情報は弊社が提供するソリューションの採用検討及びその情報収集に用途を限定しています。それ以外の用途で使用することを禁止しています。

関連記事一覧