ERPはもう古い?ERPの歴史と現状からIoT時代の次世代ERPを考える

業界トップランナーである鍋野敬一郎氏のコラム「ERP再生計画」第一回「ERPはもう古い?ERPの歴史と現状からIoT時代の次世代ERPを考える」を公開しました。

はじめに

「いまどきERPシステムですか?」とか言われてしまいそうですが、ERPシステムは既にビジネスには必要不可欠な存在です。1990年代にERPシステムが登場するまでは、企業システムは、会計、販売、生産、購買とそれぞれバラバラに作られていました。

今でもそういうシステムを使っている企業もありますが、その仕組みだとシステム間のマスタがバラバラで部門横断に情報収集しようとすると不整合やデータのヌケが多くてその調整が大変です。経営に必要な情報を入手するには、それなりの手間と時間が必要となります。

こうした課題を一掃したのが、ERPシステム(統合基幹業務システム)です。日本国内では、1992年にERP老舗のSAPジャパンが設立されたところから国内ERPの歴史が始まります。そして、2000年問題を経て2004年に国産ERPの『GRANDIT』などが登場、あれから10年余が経ちました。

国内ERPの歴史は既に25年四半世紀以上となり、ERPシステムを導入して10年以上になる企業も多くそろそろ次世代基幹システム導入に向けた動きが出てきています。
こうした状況を踏まえて、いまこそ「ERP再生計画」について考えてみようと思います。
次世代ERPを考察するというテーマで、しばし連載コラムにおつきあいください。

国内ERPの歴史をふりかえる

日本国内でERPシステムが登場したのは、1992年秋にERP老舗のドイツSAP社の日本支社が設立されたところからになります。実際には、外資系企業や医薬品メーカーなどが国内でも既にERPシステムを導入していましたが限定的でした。

このERPシステムですが、これまで基幹システムと言えば「スクラッチ開発」という考え方を「パッケージ」に塗り変えたこと。そして、システム開発の主役がプログラマーからコンサルタントへ変わったこと。
この2つの変化を起こしたという点で大きな存在と言って良いでしょう。

1990年台前半に登場したERPですが、そのコンセプトはシンプルです。企業のなかで部門ごとにバラバラになっていた情報を1つに統合して、全社で同じ情報を共有するというコンセプトです。
経営資源である「ヒト、モノ、カネ」の情報を一元管理して、全ての整合を取れば経営判断に必要な情報を即時入手できるというものです。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次