AI-OCR

AI-OCRに関する取り組み

手書きOCRエンジン、非定型活字OCRエンジン双方の検証を進めることで、従来の手書き帳票から本人確認書類等の非定型帳票でカバーする目的で検証を実施中です。

主要OCRプロダクトの概況と検証継続選定のポイント

・ABBYYと他社製品を比較。現段階での精度と完成度により、ABBYYを選択しました。
・手書きOCRに関しては、Cogent「Tegaki」と 他社製品を比較 し、精度、利用の手軽さに分があるCogentの採用を決定 しました。

手書きOCRエンジンCogent Labs社「Tegaki」と非定型活字OCRエンジンABBYY社「Flexi Capture」の比較

以下の表は製品概要はメーカーカタログを基に反映をしております。詳細は別途ご案内をさせて頂きます。

CogentLabs「Tegaki」について

AI-OCRと当社入力センターネットワークを活用しBPO業務の効率化・自動化を実現しているAI + 人によるハイブリッドBPO管理ソリューションです。

ABBYY「FlexiCapture」について

ABBYY FlexiCaptureは、紙や画像の文書をビジネスですぐに使えるデータに正確かつ高精度に変換する強力なデータキャプチャソフトウェアです。ABBYY FlexiCaptureは、可変帳票の処理に特化しており、ドキュメント認識・分類からデータ抽出、エクスポートまでのリソースを消費するタスクを自動化し、データをビジネスプロセスに投入するまでの時間を飛躍的に短縮します。

ご参考:海外RPAコラム

本件に関するお問い合わせ

こちらよりお申しつけください。

Return Top