商社・卸売業向けERP Dynamics 365構築サービス

Dynamics 365 Business Centralとは

Microsoftの「Dynamics 365 Business Central」は、販売から会計までの基幹業務の全般をカバーし、初期投資を抑え、短期での導入が可能なクラウドERPです。196 ヵ国以上の国や地域で販売され、導入実績は230,000 社を超えております。
 ※「Dynamics 365 Business Central」は、「Dynamics NAV」の後継バージョンです。

特に商社・卸売業のお客様には以下をDynamics 365 Business Centralの強みとしてご評価いただいています。

  • グローバル対応として、多言語、多通貨、国別会計制度に対応しています。
  • マルチカンパニー対応により、1つのシステムで複数のグループ企業を管理できます。
  • 完全WEB対応、マルチデバイス対応です。
クラウドERP「Dynamics 365  Business Central」機能概念図

Dynamics 365 Business Central の強み

Excelとの連携による高い作業効率

各画面のデータはExcelで出力可能ですし、Excelからの更新も可能です。ユーザーは、Excelの機能(関数等)を使うことで効率的に業務を進められますし、データ登録を楽に行えます。

※データコネクト機能により、Excel以外のOfficeサービスとも連携可能です。

クラウドERP Dynamics 365の強み①「Excelとの連携による高い作業効率」

標準のBI機能でのデータ活用

標準機能で「Power BI」が使用できます。ユーザーは、ERPのデータを簡単に活用・分析・共有することが可能です。

情シス部門でのデータ出力作業が不要となり、更なるデータ活用として、「AI Builder」の使用により、機械学習を利用した分析・予測を行うことが可能となります。

クラウドERP Dynamics 365の強み②「標準のBI機能でのデータ活用」

UI変更が標準機能で行えることによるコスト削減

ユーザーは、「パーソナライズ」機能により、UIの変更(画面項目名の修正、項目の移動、不要な項目の非表示)を行うことができます。ベンダーに開発を依頼することが無いため、コストの削減と迅速な実装が可能です。

クラウドERP Dynamics 365の強み③「UI変更が標準機能で行えることによるコスト削減」

お問い合わせ

以下よりお問い合わせください。

文中の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
尚、本内容は、執筆時の情報に基づいており、部署名等現在では異なる場合があります。