「Sansanバッチソリューション」とは

Sansanバッチソリューションとは

クラウドEAIサービス「PolarisGate」と「Sansan」を組み合わせることで、 名刺データの連携機能を充実させることが可能となりました。

連携の方法

PolarisGateは、Sansan株式会社にて管理するSansan Open APIに準拠した連携を行ないます。APIを使用することで、Sansan内部の名刺情報を取得することが可能です。APIを用いてデータを取得する場合データの形式はJSONとなりますが、PolarisGateでは、JSON→CSVやJSON→DBといった変換も可能ですので、お客様のご要望に合った形式でデータをお渡しすることができますので、様々な用途でご利用頂くことが可能です。

利用シーン

1.Sansanと他クラウドサービス間をつなぐHUBとして

名刺データは様々なサービスで使うことが可能です。例えばMAツールでメールを配信したいとき、一度Sansanのデータを抜き出して他クラウドサービスにインポートする必要がありました。PolarisGateを用いることで、指定した時間に指定したデータの抽出を行ない、他クラウドサービスに自動で連携することが可能です。

2. 名刺データ管理の自動化ツールとして

名刺データをExcelで管理・利用したいとき、SansanのWeb画面からデータをダウンロードして処理を行なうとこで対応可能ですが、他マスタデータを参照して読み替えたり、複雑な条件でフィルタリングをかけたりする処理は多くの時間がかかり、またヒューマンエラーが発生する原因にもなります。PolarisGateを用いることで、これらの作業を全て自動化することが可能です。

お問い合わせ先

以下よりお問い合わせください。

https://www.nissho-ele.co.jp/forms/contactform.php?name=solution_PolarisGate&code=PolarisGate&add=dev-polarisgate@nissho-ele.co.jp

概要 | 機能 | メニューと料金 | 連携ソリューション | パートナー | イベント | 事例 | お申込み

Return Top